吉上亮『PSYCHO-PASS ASYLUM 2』 (ハヤカワ文庫 JA ヨ 4-5)

PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫 JA ヨ 4-5)PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫 JA ヨ 4-5)
(2014/11/21)
吉上 亮

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 About a Girl
 常守朱(つねもりあかね)監視官が指揮する公安局刑事一課。六合塚弥生(くにづかやよい)監視官と同僚の分析官・唐之杜志恩(からのもりしおん)は、未成年妊婦を拉致・出産の後殺害する謎の集団【方舟】を捜索することに。その捜査の果て、六合塚は思いがけない人物との再会を果たす。
 別離
 宜野座伸元(ぎのざのぶちか)がアニマルセラピストによる「動物の再導入」事件を追う。事件の果てに宜野座が遭遇したもう一つの自分の姿とは?

感想
 感想を書くのが遅くなってしまいました(^_^;)
 アニメ本編はもうすぐ終わってしまいますね。劇場版を楽しみにしていましょう♪

 ということで、 『サイコパス』のスピンオフ作品ということで購入した作品です。
 以前紹介したものとは異なり、アニメ版一期以降の出来事を扱った作品です。宜野座さんの事件は、朱ちゃん加入以前の時系列のお話が中心ですが。


 六合塚さんの話では、アニメ本編でもちょろっとでてきたあの人のその後が描かれていました。六合塚さんが執行官になるきっかけともなった重要人物ですね。
 個人的にはもう日の目を見ることが無いだろうと思っていた人物だったので、もう一度スポットライトが当てられたことに驚きましたw
 そして作品内でも屈指の歪み方をした人間になっていました。
 事件が多少猟奇的なものですので、苦手な方は注意された方が良いかと思います。
 その他、アニメ本編ではあまり触れられていなかった場所、国境警備ドローンなどの描写もあります。

 宜野座さんの方は、彼っぽい事件でしたね。良くも悪くも。
 ガチガチの「アンチ潜在犯」が、少しだけ見方を変えるきっかけになった過去のある事件のお話です。こちらの事件もなんだか胸糞が悪い事件ですのでご注意を。
 先週のアニメ本編でも似たような描写(人間家具)がありましたが、こっちの方が性質が悪い気がします。



 個人的にはこうしたスピンオフ作品は、本編作品の雰囲気を壊しかねないものとしてあまり好きではないのですが、『サイコパス』のものに関しては本編を補完するもので、さらに単体の作品としても十分に楽しめる作品になっているかと思います。

 ちなみに、本作品のタイトルは『PSYCHO-PASS ASYLUM 2』となっていまして、もちろん「1」が存在しています。
 が、そちらの作品に収録されているストーリーが、チェ・グソンの過去編ということで興味が湧かず、購入していません。同時収録のもう一遍は、かがり君のお話なので気にはなるのですが…。
 まぁ、今後も買わないだろうなw

 二期の方もクライマックスを迎え、劇場版に向けての今後の展開が気になります。
 東金さんの運命やいかに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR