伊藤計劃・円城塔 『屍者の帝国 』(河出文庫)

屍者の帝国 (河出文庫)屍者の帝国 (河出文庫)
(2014/11/06)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 屍者復活の技術が全欧に普及したた19世紀末、医学生ワトソンは大英帝国の諜報員にスカウトされ、アフガニスタンへの潜入任務を言い渡される。アフガニスタンの奥地でワトソンを待ちうけていたのは、潜入任務の目標、屍者の王国の王カラマーゾフだった。彼の渾身の依頼を受けたワトソンは、近年頻発している屍者が関わる事件の裏にいると言う最初の死者、ザ・ワンと「ヴィクターの手記」を追い求めて世界を駆けることに…。

感想
 非常に抑制された、恬淡とした文章でした。
 作中のとある趣向、屍者による口述筆記という形式をとっていると言う設定上仕方が無いのかもしれませんが、非常に淡々と進みます。
 屍者は、生者のような感情を持ち合わせていないと言う説明がされているので。
 そのせいか、物語自体がとても淡白な印象を与えてしまっています。なんと言うか、盛り上がりに欠けると言うと言い過ぎですが、もう少し感情というか、情緒的なものがあってもよかったのにと思います。


 ストーリーはあらすじに書いたとおり、世の中に屍者、すなわち「フランケンシュタインの怪物」があふれている世界設定となっています。 つまり、人間から死が奪われたと言うか、遠ざけられた状態の世界です。
 「死なない」のではなく、死んだ後も動き続ける感じです。
 「永遠の生を死に続ける」と説明されてました。個人的には「永遠の死を生き続ける」の方がしっくりきますが。

 そんな死人にあふれた世界で、屍者作成技術に関する陰謀を巡って、ワトソン氏の冒険が繰り広げられます。
 このワトソン氏、誰もが知るあのワトソンと「同一人物」ということになっています。
 名探偵の助手のワトソンです。
 元のワトソンもアフガン帰りということになっていますが、(というかネタ元がそうなっているので)冒険先もアフガンになったんでしょうね。まぁ、こっちのワトソンは日本にも行っていたりしましたが。


 作品としては、SF的なスパイ小説の雰囲気でしょうか。 諜報員ワトソンの活動記録です。
 スパイとはいっても「007」とか「MI」でのような雰囲気ではなく、トム・クランシー的な謀略もの寄り。アクションがない訳ではないけれども、頭脳戦がメイン。
 『虐殺器官』や『ハーモニー』のような、活動的な作品ではありません。作品としてはそれら前作のようなものを期待していたので、余計に淡々とした感じが強かったのかもしれません。



 プロットは伊藤さんが作ったそうですね。
 『虐殺器官』では言葉、『ハーモニー』では意識を取り上げていましたが、今回は死ですかね。最後まで読むと言葉なような気もしますが。

 円城さんには失礼になってしまいますが、やはり出来れば伊藤さんが書かれたものを読んでみたかったですね。
 「19世紀にイスラエルと出現させるにはどうしたらいいか?」とかを考えていたとか聞くと、そちらも読んでみたくなります。

 
 もちろん、面白くなかった訳ではありませんが、先にあげたような理由で盛り上がりに欠けるきらいがあった気がしますので、微妙な評価とさせてもらいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR