大森藤ノ 『ダンジョンに出会いを~ 6 』(GA文庫)

【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
(2014/11/14)
大森 藤ノ

商品詳細を見る


 限定版のアイコンしか見当たらなかったので限定版での紹介です(^_^;)
 私は通常版を購入。

評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 「戦争遊戯」――それは対立する神々の派閥が総力戦を行う、いわば神の代理戦争。勝者は敗者からすべてを奪うことができる。
 「ベル・クラネルをもらう!」
 対立する神アポロンが提示したのはなんとベル。戦争開始までの起源は一週間。さらに追い打ちをかけるように、ソーマ・ファミリアにリリが連れ去られてしまうという緊急事態に。圧倒的に不利な状況の中、これまでに結ばれてきた絆がベルの力になる。

感想
 今回は、ダンジョンが出てこないダンジョン探検小説でしたw
 でも面白かった。
 今回は熱い巻でしたよ~。

 「あの子が欲しい、あの子じゃわからん、相談しようそうしよう~♪
 といった昔ながらの遊びじゃないですが、ベルくんの身柄を掛けての一大争奪戦でした。それと、何気にベルくんの貞操的なものも掛けられていた気がしますw

 表紙絵は作中のとある場面でのアイズさんとのダンスシーンです。 ↑↑のあらすじとの落差がすごい。
 ヤスダさんは相変わらずいい仕事してますね♪

 
 内容はと言いますと、今回は「仲間との絆」「平穏の終焉」といったところですかね。

 リリ、ヴェルフ、命(みこと)、リューさんなどなど、これまでに出会ってきた人たちとの絆が確認されていました。特にリリとヴェルフについてはこれまでのいざこざが収束を見せ、新しい段階に入りましたね。
 これで心おきなく、仲間として今後も頑張って行ってくれるものと思います。

 また今回は、ベルくんの戦闘シーンがとある事情により全都市的に生中継されたりなんかして、これまであくまで噂の中の存在でしかなかった「レコードホルダー」の実力が知られるようになりました。
 ということは、否応なく注目をされてしまう訳で、今後ますます波乱に満ちたストーリー展開が待ち受けているものと思われます。

 てか、ヘスティアはヘルメスにベルくんのステータス情報とか喋ってたけどいいのか?
 神様繋がりでいえば、こんかいはフレイヤ様が大人しかったですね。
 次あたり大奮起したりしてw


 とまぁ、ストーリー的には一波乱あり、次回以降さらなる波乱がありそうな予感を見せつつの熱い巻でした。
 ヘスティアはむろん、アイズさんとの恋の方はまだまだな感じでしたが(^_^;)

 てか、アイズさんの折に触れての態度がなんかもう可愛いです。恋してるの?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR