七尾与史『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』 (幻冬舎文庫)

ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件 (幻冬舎文庫)ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件 (幻冬舎文庫)
(2013/04/10)
七尾 与史

商品詳細を見る


 最近読んだ『圏内ちゃん』がおもしろかったので、久々に七尾さんの他の作品も購入。

評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 静岡県浜松市近郊で起こった残虐な連続放火殺人事件。被害者は元ヤクザ、詐欺師、OLとなんら共通点のない人々ばかり。さらには「ドS」で知られる美人上司の黒井マヤ(くろいまや)は死体に萌えるばかりでまったくやる気なし。
 一方で、そんな上司に振り回されているばかりの彼女の相棒・代官山脩介(だいかんやましゅうすけ)は、共通点の見えない被害者の間で「悪意のバトン」が受け渡されているのではないかと気付き…。

感想
 本作は、『圏内ちゃん』で折に触れて人物紹介がされていたコンビが主人公ということで購入しましたが、面白かったです。七尾さんは、こういったコメディタッチのミステリー作品が上手ですね。


 さて、ドS刑事の黒井マヤですが、「ドS」と言うよりかは「毒舌家」と言った方が合っている気がします。
 部下の代官山君をいじめて喜んだりしていませんからねw
 『謎解きはディナーの後で』等に見られるような毒舌家さんでした。彼女の特徴は、ドSとか性格的な面ではなく、どちらかと言うと嗜好の問題でしょうね。
 猟奇趣味の刑事とか、とんだブラックです。現場は荒らさないでくださいね!
 
 代官山君は、どうしてあれだけの推理力と言うか思考力があるのに巡査でいるのでしょうか?(刑事機構の中では最も下の階級。しかも30代で)
 昇進試験が性に合わないとかあるにしても、もう少し昇進していてもいいのではとおもったり。現に同期で警視になっている人間がいると言う設定もあるし(ノンキャリで)。
 最新刊では、警視庁の捜査一課に引き抜かれていたりしているそうなので出世はしているのか?
 マヤのおかげか?(彼女の父親は警察庁の副長官という話)


 謎解き、キャラクターともに面白いお話でした。とってつけたような無理やりな展開も無く、綺麗に読ませてくれました。
 サブタイトルと表紙絵がヒントですね。
 マヤの言行に首肯しかねる部分があったことぐらいが、気になるところでしたかね。

 続編がもう二冊ほど出版されているそうなので、追いかけてみようかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR