榎宮祐、暇奈椿『クロックワーク・プラネット3』 (講談社ラノベ文庫)

クロックワーク・プラネット3 (講談社ラノベ文庫)クロックワーク・プラネット3 (講談社ラノベ文庫)
(2014/10/31)
榎宮 祐、暇奈 椿 他

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 巨大兵器が放ったEMPによって、世界は停止した。リューズも、ハルターも、グリッド・秋葉原も。保身、欺瞞、虚偽、理想。現実を顧みない人々の「総意」による破滅を前にしてナオトはそれらをあざ笑う。
 現実は想像を超える。
 「行こうぜマリー!邪魔するヤツは全部ぶっ壊せばいい」。

感想
 前巻から少し時間が空いたせいで、話を忘れてましたw 読んでいて思い出していましたよ。
 

 「時計仕掛けのオレンジ」ならぬ「時計仕掛けの惑星」という設定に面白みを感じて読んでいるのですが、少しダレましたかね。
 主人公たちのヒロイズムというか正義感にちょっと飽きた。ちょっとナオト達の行動を正当化しすぎな気がしています。 彼らの特異性ばかりが強調されていて、「俺スゲー」感が強くて今回は特に鼻につきました。


 まぁそこを気にしなければ、アクションあり、設定の妙あり、キャラクター性有りで面白い作品です。
 特に「時計仕掛けの惑星」という設定の仕掛けが気になります。
 どうやったら星そのものを機械仕掛けにして作れるのか。想像が膨らみますねぇw

 今回は新しく仲間になったチビッ子のお披露目回ということになるでしょうか。Yシリーズ肆番機のアンクルです。
 12体いるであろう機体の内、二機を手に入れた訳ですが、全機集めるんでしょうか?
 イギリスに参番機がいるというフラグを立てていましたが…。


 今回は上述のような負の側面が目につきましたが、面白い作品だと思います。
 最後になんだか黒幕みたいなやつも出てきましたし。
 てか、この黒幕さん、三下臭が半端なかったですwww
 喋りすぎですよ。そのせいで凄味が半減…。すぐにやられるんじゃね?

 とりあえず次巻に期待です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR