FC2ブログ

米澤穂信  『真実の10メートル手前』他感想…

 今回の分の紹介と感想です。 またまた間が空いてしまい済みません(;´Д`)

新刊
・米澤穂信   『真実の10メートル手前』             ☆4
・櫛木理宇   『ホーンテッド・キャンパス 墓守は笑わない』 ☆3
・早瀬耕    『プラネタリウムの外側』              ☆4

ラノベ・コミックス
・丸戸史明   『冴えない彼女の育て方Memorial』       ☆4
・鏡貴也    『終わりのセラフ 16』               ☆4
・画・矢吹健太郎 『ダーリン・イン・ザ・フランキス 1』      ☆3.5

既刊

・八木圭一   『一千兆円の身代金』    ☆3
・辻堂ゆめ   『いなくなった私へ』      ☆3
・林譲治    『ウロボロスの波動』     ☆3.5
・笹本祐一   『カーニバル・ナイト』     ☆4
・――      『ラスト・レター』        ☆4
・早瀬耕    『未必のマクベス』       ☆4.5
・原田マハ   『楽園のカンヴァス』      ☆4
・市川拓司   『ねぇ、委員長』        ☆3.5
・大村友貴美  『霧の塔の殺人』       ☆2.5
・プリ―モ・レーヴィ 『天使の蝶』       ☆3.5


感想

『真実の10メートル手前』
 『さよなら妖精』、『王とサーカス』の太刀洗万智を主人公に据えた短編集。ジャーナリストとして真摯に事件に向かい合う彼女の姿勢には好感が持てますし、取材の過程で、事件が当初とは異なる様相を呈していく様も非常に面白い
 一方で、彼女の自罰的に過ぎる傾向には危うさを感じる。「ナイフを失われた思い出の中に」で、多少なりとも解消されていればいいのだが。なお、この話には『さよなら妖精』のマーヤの兄が登場。

『ホーンテッド・キャンパス』
 通常営業。帯は煽っていますが、特にいつもより怖いということはない。表題作でもある「墓守は笑わない」が、おススメ。

『プラネタリウムの外側』
 SF連作短編集。「有機素子コンピューター」により、失われた人との会話を再現する仕組みを考案した南雲助教授と、彼に依頼する人々を通して、仮想と現実、恋愛を描く。 表題作となる「プラネタリウムの外側」と、それに続く関連作(「忘却のワクチン」、「夢で会う人の領分」)がおススメ。

『冴えない彼女の育て方』

 発表済みの店舗特典SSを収録したファンブック。他にはキャラクター紹介、作者・絵師のインタビューなど。高校受験時のエピソードを語る書下ろし小説も併録。差し絵が完全に事後ですたい。

『終わりのセラフ』
 キ・ルク戦決着。蘇る変態と、新章。だんだんと謎が明かされていくのかな。

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』
 アニメ作品のコミカライズ作品とのこと。PVを見たら面白そうだったので購入。ロボットものだが面白い(個人的にはあまりロボットものは好きではない)。『グレンラガン』とかの人たちが関わっていた気が(記憶が曖昧)。

『一千兆円の身代金』
 社会派ミステリー。 インパクトは抜群だが、若干荒唐無稽な感も否めない。憂いはヒシヒシと伝わってくるが、犯人の思考は極端。誘拐事件(子供一人の誘拐)と身代金の額(憂国の部分)との落差がありすぎる。無差別テロ(国民全員が人質)と一千兆円ぐらいなら、つり合いがとれたのでは。 語り手を変えて、物語を様々な視点から語る手法は作品に合っていて面白さを増していた。

『いなくなった私へ』

 「死んだ記憶がないのに死んだことになっている」状況の謎を解くミステリー。作中に挿入されている「謎」の核心となるあるモノに関わる挿話は不要だと思った。それがなぜそうなのかを説明しないのなら、ただ邪魔なだけで、作品の雰囲気を乱している気がする。 ストーリーは奇抜で面白かっただけに残念。

『ウロボロスの波動』
 宇宙に進出した人類の宇宙開発の様子を物語るSF短編集。きちんとした説明もなくどんどん繰り出される用語に面食らうかもしれませんが、それさえ乗り越えれば楽しめる。仮に分からずとも楽しめるし、ストーリーに引き込まれる。

『カーニバル・ナイト』、『ラスト・レター』

 前回紹介したので、省略。実は『ラスト・レター』は前回の時点では読み終えていなかったのでした(*_*;
 非常に面白かったが、ラストシーンが…。

『未必のマクベス』
 『プラネタリウムの外側』が面白かったので前作を購入。最高。 犯罪小説にして恋愛小説。帯にある「読後、ただ立ち尽くした」、「本の形をしたラブレター」の文句は嘘ではなかった。 未読の方は是非。
 出向先の香港の会社で待ち受けていた陥穽に主人公と友人が立ち向かっていく様に手に汗を握り、胸を躍らせる。一方で通奏低音のように流れる忘れられぬ初恋の人への思いと、『マクベス』。綺麗に組み合わさって、結末へと向かう。終盤は一気に読まされる。

『楽園のカンヴァス』

 ルソー『夢』を巡る美術ミステリー。 作品の背景(時代、関係者)を丁寧に描き出すことで、面白味が増している。また、事実と虚構、過去と現在を交互に描き出す手法で、作品の真の姿が徐々に明らかにされていく手法が見事だった。
 美術に興味はなくとも、ミステリーとしても面白い作品。

『ねぇ、委員長』
 恋愛小説。短編二編と、表題作の中編一編の三編を収録。 不良と委員長のような、ギャップのある恋愛関係、壁のある恋愛模様を描く。 いずれも似た傾向の作品。

『霧の塔の殺人』
 以前紹介した『死墓島の殺人』に続く作品。 横溝的世界観の作品と言われていますが、特にそんな感じがしないのは、前作と同じ。 ミステリーとしては、唐突に解決された感。終盤まで新たな展開で広げて引っ張りながら、最後に一気にまとめた感じが。

『天使の蝶』
 自身の体験をもとにした『アウシュビッツは終わらない』で知られる作家の、科学知識を生かした幻想短編集。 毒というか、人間を冷徹に見通した言葉が魅力。科学の光だけではなく闇も描く。


 長くなりましたが、今回はこんなところです。
 『未必のマクベス』、『楽園のカンヴァス』がとても面白い。
 早瀬耕さんは、4月18日にデビュー作が復刊されるのでそちらも楽しみ。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR