福田和代 『プロメテウス・トラップ』他感想

 それでは今回の分の紹介です。
 前回が多かった分、今回は少なめとなっております…。

新刊
・福田和代       『プロメテウス・トラップ』                ☆2.5
 ラノベ
・沖田雅        『オオカミさんとハッピーエンドのあとのおはなし』  ☆3.5

既刊
・太田忠司      『月光亭事件』       ☆3    
・――         『幻竜苑事件』       ☆3.5
・北村薫        『秋の花』          ☆4
・――         『六の宮の姫君』      ☆4
・――         『朝霧』            ☆4
・森岡浩之      『星界の断章Ⅰ』      ☆3.5
・――         『星界の断章Ⅱ』      ☆3.5


感想

『プロメテウス~』
 前回更新時に紹介済みですが、実は読書途中(2/3ぐらいまで読んでいました)だったのです。読後、感想が下方修正されたので、それを反映しておきます。具体的には「☆3→☆2.5」になりました。 ちなみに特別付録短編「パンドラin秋葉原」は読んでいません……。

『オオカミさん~』
 シリーズ最終巻。というか、前巻から何年たっているのやらですが(;´・ω・) エピローグということで、デレた大神さんをこれでもかと堪能できます。あと、懐かしのあの人たちのその後もちらほらと。

『月光亭事件』、『幻竜苑事件』

 少年探偵・狩野俊介シリーズ。 本格ものであり、館もの。
 俊介君が可愛いですw が、その可愛さを裏切ることはなはだしい推理力の持ち主。どこぞの名探偵○○○を彷彿とさせますが、俊介君は、世間や大人の理不尽や不可解さに年相応に悩むところがいい。
 トリックそのものよりも、キャラクターミステリーとして楽しめるかと

『秋の花』、『六の宮の姫君』、『朝霧』

 「円紫さんと私」シリーズ。
 『秋の花』、クライマックスの円紫さんの一言がぐっと刺さる。
 『六の宮~』、「私」が卒論に選んだ芥川の短編「六の宮の姫君」を巡るあれこれ。論文と言うか、論考形式で書かれており、謎解きとストーリー進行が同時に進んでいく。芥川と菊池寛らの友情、当時の文壇の情景なども組み合わされて非常に面白かった。
 『朝霧』、社会人になった「私」が遭遇した謎を描く。祖父の日記と忠臣蔵が誘う、表題作『朝霧』がおススメ。
 ※※「私」は、本シリーズの主人公ですが、個人名が登場しないので「私」と表記してあります。

『星界の断章 Ⅰ、Ⅱ』

 本編を補完する短編集。 アーヴの誕生話「創生」(『断章Ⅰ』)、ラフィールの誕生話「誕生」(『断章Ⅰ』)、ジントやエクリュアの昔話(『断章Ⅱ』)など。
 『断章Ⅲ』はこれから読みます(;^ω^)


 今回はこんなところです。
 それではまた。
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR