内藤了 『AID』 他感想

 ますます暑くなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 熱帯夜になっていないだけまだましな様な気がします。
 

新刊
・時雨沢恵一      『SAO.A GGO Ⅴ』            ☆4
・葵せきな        『ゲーマーズ 5』              ☆4
・丸戸史明        『冴えない彼女の育て方 10』      ☆3.5
・末次由紀        『ちはやふる 32』             ☆3.5

既刊
・内藤了         『AID』                     ☆3
・――           『LEAK』                    ☆3
・飛浩隆         『象られた力』                 ☆4
・乙一          『夏と花火と私の死体』            ☆3
・山白朝子       『エンブリヲ奇譚』               ☆4
・古野まほろ      『群衆リドル Yの悲劇’93』         ☆2.5
・土屋賢二       『汝みずからを笑え』              ☆3
・神林長平       『あなたの魂に安らぎあれ』          ☆3
・A. C. クラーク     『都市と星』                   ☆3


感想

 『GGO』
 「ビトレイヤーズ・チョイス編」の完結巻です。ピトさんとの死闘再び、でしたが、前回ほどの激闘と言うか死闘ではありませんでしたね。ピトさんから憑き物が落ちてたからかな。
 このシリーズ、時雨沢さんが楽しんで書けているようで、読んでいて楽しいので次も出るとうれしいです。

 『ゲーマーズ ゲーマーズと全滅ゲームオーバー』
 こじらせ系ラブコメです。いやぁ、今回も面白かった。続きが気になる惹きで終わってくれていて…。
 内容的には、サブタイトルに偽りなしw はてさて、彼らはどう落ち着くのでしょうか。そろそろ話に動きが欲しいところですが。
 
 『冴えカノ』
 今回は水着サービス回かと思わせながら(口絵)の、詩羽先輩凹み回。 前回の『Girl's Side 2』は、エリリと恵回だったから順当ですかね。 ただもう少し合宿感を出していてほしかったです。

 『ちはやふる』
 最後のインターハイ、団体戦の終わりと個人戦まで。最近の巻では、一試合一試合に割かれるページが少なくて、試合を楽しみづらくなっているのが気になりますね。折角の3年生の大会なのに、もったいない

 『AID』、『LEAK』
 実写ドラマ始まりましたね。とは言え、ドラマは観ていないのですが(;´Д`) 話の展開は大体毎回同じなのですが、事件が面白くて読んでます。 なんだか主人公が、『24』のジャック・バウアー化してませんか(関係者を不幸にする方向でw)。

 『象られた力』
 『グラン・ヴァカンス』、『ラギット・ガール』の作者さんの、SF短編集。
 やっぱり飛さんの作品は面白いですね。 やっと読めました。
 今作は、4つの中短編が入っています。 おススメは、かたちとちからを巡る相克の物語である表題作の「象られた力」、不思議な双子の天才ピアニストに見え隠れする生と死の影の物語「デュオ」

 『夏と花火~』
 今更、乙一のデビュー作を読んでみました。『GOTH』以外はまともに読んでいなかったりしますw 『ZOO』は映画化されたものを見たかな。 言わずと知れた有名デビュー作ですが、さすが物語の見せ方がうまいですね。

 『エンブリヲ奇譚』
 乙一の別名義作品。 ホラーと言うより、怪談奇譚集。 話が面白く、読んでいるとどんどん惹き込まれます。短編作品9編なのですが、それぞれしっかりした作品で、大満足。 早く次回作であるところの『私のサイクロプス』が文庫にならないかなぁ…w。

 『群衆リドル』
 古野まほろによる有栖川有栖オマージュ作品。 元は、『Yの悲劇’88』になるのかな。 クローズドサークル、見立て殺人と王道のミステリー作品。「天帝シリーズ」とは、人間関係が交錯している同一世界作品らしいのですが、あちらほど衒学趣味に走っておらず、読みやすさはこちらの方が上です。 ミステリーとしては、そこそこでしょうか。結末が微妙でなければ、よかったのですが。

 『汝みずからを笑え』
 土屋先生の例のエッセイ。6作目。

 『あなたの魂に~』
 火星を舞台にした、人間とアンドロイドの抗争・相克を描くSF作品。三部作の第一作。
 『雪風』シリーズとは違った作風の作品で、こちらはこちらで楽しめました。と言うより、個人的にはこちらの方が好きですね。テーマとしては両者ともに相通じるものがあるんですが。

 『都市と星』
 あさのあつこ『No.6』などを思い出しました。
 個人的には、中盤までの、都市からの脱出とそこでの冒険のくだりまでが好きでしたが、その後の「第二の脱出」あたりと以降の展開は正直微妙でした。到着点(結末)は良いのですが、そこに至る過程が余計な回り道に思えました。
 次は『楽園の泉』でも読もうかな。


 そう言えば、『ベルセルク』の新刊も出てましたね。『Bastard』はいつ出るんでしょうか……。
 明日(7/23)は、『櫻子さん~』、『ONE』(藤堂比奈子シリーズ)の新刊が発売になりますね。そちらの紹介はまた後日になりますが。

 では、『バケモノの子』を観ますw ノシ
スポンサーサイト
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR