筒井康隆 『ビアンカ・オバースタディ』他 感想

 最近暑いですね(´・ω・`)  寒いのよりは好きなんですが、暑すぎるのもそれはそれで……。
 それでは、今回の分の紹介です。


新刊
・筒井康隆       『ビアンカ・オバースタディ』(ラノベ??)        ☆3.5
・森橋ビンゴ      『この恋と、その未来。』(ラノベ)             ☆2.5

既刊
・土屋賢二       『我大いに笑う、ゆえにわれ笑う』            ☆3.5
・有栖川有栖      『月光ゲーム Yの悲劇 ’88』               ☆3.5
・樋口有介       『探偵は今夜も憂鬱』                    ☆3.5
・森博嗣        『女王の百年密室』                     ☆3.5
・高木敦史       『演奏しない軽音部と4枚のCD』             ☆3.5
・円城塔        『後藤さんのこと』                      ☆3.5


感想
 『ビアンカ~』
 「筒井康隆がラノベを書いた」という謳い文句で紹介されていたので、買ってみた。
 「ラノベ風」ではあったけれど、ラノベではないですね。筒井節全開で、ラノベというか「ラノベ風刺小説」ですかね。あくまでも筒井作品の内の一作品、と言うことで購入した方がよいかと。 「いとうのいぢ」のイラストにつられた人は、術中にはまっているのではないか…。
 「ウブメ効果」が個人的には受けたw

 『この恋~』

 シリーズ打ち切り。の割に、完結していないで終わりました(あくまで『ファミ通文庫』というレーベル内での話。いつかどこかで続編を発表するかもしれないそうな[あとがきより])。
 今巻でも主人公君の迷走ぶりが、目にあまりますね。途中から開き直ってるし……、あんなことするし。 序盤は面白かったのですが、最近は微妙でした。打ち切りも含めて残念です。

 『われ大いに笑う~』

 土屋先生の爆笑エッセイの続編です。今後も追いかけていく予定。三巻目まで購入済み。

 『月光ゲーム』
 未読だった、有栖川有栖のデビュー作。江上さんシリーズの第一作。
 やはりデビュー作と言うことで作品に「若さ」が感じられますが、それはそれでいいですね。実は個人的には、クローズドサークルになる理由が突拍子もないように感じられてこれまで読んでいなかったのですが、読んでみるとそこまで違和感はなかったです。火山噴火でクローズドサークル状態に置かれるて……。

 『探偵は今夜も憂鬱』
 柚木シリーズ第三弾。今作は短編集。 「光の憂鬱」が個人的にはおススメ。 いつも通り、犯人当てを楽しむより登場人物と話を楽しむ系。 続編が見当たらないので、しばらく停滞かも。

 『女王の百年密室』
 森さんの別シリーズ(?)ミステリー。 現在「講談社タイガ」で発表中のWシリーズとの繋がりがうかがえて、その点でも楽しめた。続編があるようなので、そちらも読んでみようかしら。
 内容は取り立てておもしろいミステリーではないが、SFチックな作品としては楽しめる。Wシリーズと同系統。

 『演奏しない~』
 ライトミステリー連作短編集。音楽やミュージシャンの知識がなくても楽しめます。あればより楽しめるのかもしれませんが。
 デビュー作『菜々子さんの戯曲』(ラノベです)が割と好きだったことを思い出しました。両作品の作者が同じだということは、読んだ後に判明w  『菜々子さんの戯曲 Nの悲劇と縛られた僕』『~ 小悪魔と盤上の12人』もおススメです。ラノベだからと言わず、読んでみてください。

 『後藤さんのこと』
 表題の「後藤さんのこと」と「the history of decline and fall of the galactic empire」がおススメ。 文庫になっているのだと、後は『バナナ剥きにうってつけの日』が残ってるかな。
 円城塔さんの作品の発想の豊かさと面白さはすごいのですが、言い回しが時々くどいのが難点ですね。


 『旋舞の千年都市』(だったかな?)というSFがちょっと気になっているところ。
 『ぼくらはみんな河合荘 8』(新刊)が楽しみ。予定日当日発売にならない地方はつらいよ…(´・ω・`)
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR