ツカサ 『ノノノ・ワールドエンド』 他感想

 今回の分の紹介です。

新刊
・ツカサ        『ノノノ・ワールドエンド』          ☆3.5
・ヤマグチノボル   『ゼロの使い魔 21』            ☆4

・円城塔        『Boy's Surface』              ☆3
・鮎川哲也       『リラ荘殺人事件』             ☆3.5
・有栖川有栖     『妃は船を沈める』             ☆3.5
・藤崎慎吾       『ハイドゥナン 上・下』           ☆3.5



感想
 『ノノノ~』
 世界の終わりで出会った二人の少女の終末の物語
 シリアスになりすぎず、軽く終わりもせずわりといい塩梅の作品だったと思います。二人の世界だけじゃなく、もう少し広い視点なんかがあっても面白かったかもしれませんが。 表紙からうかがえるほど百合っぽくありません。
 ラノベ畑の作家さんらしく、若干ライトノベルっぽい仕上がり(作品が稚拙だとかいう訳ではないので悪しからず。良くも悪くも少々ライト)。

 『ゼロの使い魔21』ラノベ
 ヤマグチさんが亡くなられてから、3年。5年ぶりの新刊です。 とても懐かしいですね。懐かしさのあまり購入。
 中身は、別の作家さんが書かれたとは思えないほどの出来で、気にすらなりませんでした。「あ~、そうそう」と思い出しながら読みました。「レモンちゃん」とか懐かしいですねぇ…。
 副題にある「六千年の真実」はまだ明かされ切ってないので、種明かしが気になります。最終巻、どんな盛り上がりを見せてくれるんでしょうか。楽しみです。

 『Boy's Surface』

 4つの短編を収めた短編集。「数理的恋愛小説集」らしい(あとがきより)。 相変わらず、よくわからない言い回しをする独特の文体ですね…。今作は、前作ほど面白いと思えなかった。
 
 『リラ荘殺人事件』

 連続殺人事件物の名作、らしいので読んでみた。 この種の事件を扱う場合、確かにこのトリックを避けて通れないですよね。
 犯人の行動が割とずさん・場当たり的な部分が大きいのが玉に瑕かもしれませんが、面白かったです。個人的にはどうにも登場人物たちの名前が気になりました(;^ω^)

 『妃は船を沈める』
 火村シリーズ。「猿の手」をモチーフとした中編と、その後日譚ともいうべき中編を合わせた長編。 作者と北村薫さんとの間であったという、「猿の手論議」が面白い。そんな読み方をしますかと驚きますw
 全体としては、ホラーでもなく純粋な謎解きミステリーですのでご安心を。火村英夫の名推理が楽しめます(特に後編)。

 『ハイドゥナン』
 ハードSF作品。2000枚を超える大作。 沖縄、南西諸島を舞台としたSF/ディザスター小説です。小松左京『日本沈没』の、南西諸島版と言うと分かりやすいかもしれません。 池上永一『レキオス』の雰囲気も感じさせますね。
 あと面白いのが、エウロパと言う木星の衛星での生命探査の話が本編に絡んでくるところですかね。地表でワタワタしている一方で、空の彼方での話がくっついてくる。そのバランスが面白いです。
 まだ読み終えてはいないので、この先が楽しみです。


 『ガリバー』は、お休み中w
 『死霊』は3巻に突入しましたが、まだ読書中です。面白い。
 『ガンダムUC』は、3巻まで読了。4巻からは「パラオ攻略戦」に入ります。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR