朝倉卓弥 『四日間の奇蹟』 他感想

 いつもより早めの更新です。


・朝倉卓弥        『四日間の奇蹟』             ☆3
・倉阪鬼一郎       『ひだり』                  ☆2.5
・堀辰雄          『風立ちぬ』                ☆3.5
・江戸川乱歩       『江戸川乱歩傑作選』          ☆4
・二階堂黎人       『聖アウスラ修道院の惨劇』       ☆3.5
・殊能将之         『美濃牛』                 ☆3.5
・霧舎巧          『マリオネット園』             ☆2.5
・浦賀和宏         『上手なミステリの書き方教えます』  ☆2

・福井晴敏         『ガンダムUC ユニコーンの日 1・2』        ☆3.5



感想
 『四日間~』
 「このミス」文庫から出ていますが、ミステリーではなくファンタジー
 『癒しと再生、感動の物語』と銘打たれていますが、個人的にはそれほどでもなかった。感動よりも結末が腑に落ちない感じが強い。ただ、作品の出来はすごい。

 『ひだり』
 久々にホラー作品。「ひだり」が忌まれている地方都市で巻き起こる恐怖の連鎖と新たな惨劇。が、怖さがない。主人公が怖い目に合っていないせいか、怖さを感じられない。終盤は胸糞が悪くなるうえに、理不尽すぎてホラーとしての面白みに欠けるかと。

 『風立ちぬ』(角川文庫版)
 サナトリウム文学の名作。次第に弱りゆく恋人、その死を見つめながらも日々の生活の中に幸せを見つける。心の機微が透明な文体で克明に描かれている。タイトルの『風立ちぬ』『美しい村』がおススメ。
 『風立ちぬ』、『美しい村』、『麦藁帽子』、『旅の絵』、『鶏料理』収録。

 『江戸川乱歩傑作選』(新潮文庫版)
 乱歩作品は、何気に初めて。流石、日本の推理作家の父と呼ばれるだけあって面白い。これが大正・昭和時代に書かれたとは信じられないぐらいの面白さ。
 『二銭銅貨』、『二廃人』、『D坂の殺人事件』、『心理試験』、『赤い部屋』、『屋根裏の散歩者』、『人間椅子』、、『鏡地獄』、『芋虫』を収録。 どれもおススメながら、個人的には『二銭銅貨』、『D坂の殺人事件』が好きだった。

 『聖アウスラ修道院~』
 前回読んだ『地獄の奇術師』が面白かったので続編を購入。作品の雰囲気が好きですね。様々ちりばめられたガジェットがほとんど無理なく組み合わされているのもいい。

 『美濃牛』
 ブックオフで『ハサミ男』を探していて見つからなかったが、こちらがあったので購入。
 内容は正統派の見立て殺人事件もの(歌や伝承の記事に似せた殺人事件が起こるというもの)。推理そのものも面白かったが、何より探偵が一癖も二癖もあるようなとんだ食わせ物だったのがいい

 『マリオネット園』
 今作のテーマは、フーダニット(犯人当て)もの。 大体の事件の構造(現場の構造)が似通っている気がします……。

 『上手な~』
 108円で購入も、その半額でもいいと思った。 一生を読んで最終章を読めばいい。その途中は…。ただ気持ち悪い小説

 『ガンダムUC』
 福井晴敏さんによる小説版です。ガンダムというか、下敷きになっている『機動戦士ガンダム』、『逆襲のシャア』を知らないので、時折知らないことがありますが、面白く読んでます。 人間ドラマがアツイ


 あと『ガリバー旅行記』読んでます。まだリリパット(小人の国)と巨人の国が終わったぐらい。次はラピュタ他。社会風刺は置いておいても、物語として普通に面白い。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR