小川一水『天冥の標Ⅸ』 他感想

 冬のイベント盛りだくさんの時期になりましたが、そんなのどこ吹く風で、今回の分の紹介です。

・小川一水    『天冥の標Ⅸ part.1 ヒトであるヒトとないヒトと』       ☆3.5
・恩田陸      『三月は深き紅の淵を』                      ☆3.5
・青崎有吾    『体育館の殺人』                          ☆3
・竹内真      『文化祭オクロック』                         ☆3
・有栖川有栖   『幻想運河』                             ☆3
・誉田哲也    『武士道セブンティーン』                      ☆4
・――       『武士道エイティーン』                       ☆4
・福井晴敏    『月に繭地には果実 上・中・下』                 ☆3

・あざの耕平   『東京レイヴンズ14』                        ☆3.5



感想
 『天冥の標Ⅸ』
 物語は佳境+核心へ。これまでの巻で違和感を感じていた部分の謎が明らかに。
 てか、スケールが一気にでかくなりましたが(;´・ω・) ノルルスカインというか、ダダーもやる気のようです。セレスの人類たち(+その他)の運命はいかに。
 オムニフロラやミスン族たちの動向も気になりますが(あと地球・太陽圏の人類も)…。次巻はよ。

 『三月~』
 ずっと積まれていた可哀想な本。やっと読みました。
 4章からなる連作短編集。『三月は~』という奇妙な本がそれぞれの話の核心。入れ子構造の様になっていて、ぐるぐるします。何とも言えない不思議な読後感。「物語を読んだ感」が強い。

 『体育館~』
 鮎川哲也賞受賞のミステリー。作品そのものの骨格はオーソドックスですが、肉付けが特殊で、探偵がオタクで天才とか。
 トリック並びに推理の展開はオーソドックスで、奇をてらった奇妙奇天烈な事態にはならず普通に楽しめます。
 ただし、登場する警察が無能でイライラします。警察がきちんと捜査したらそれだけで終わった事件だと思われます……。あとエピローグが蛇足。

 『文化祭~』
 これまた青春ミステリーもの。ただしこちらは、日常の謎がメイン。文化祭の混沌、高揚感そういったものが感じられて楽しめました。メインである謎のDJの正体をさぐるのは良かったのですが、その延長で最後に文化祭の雰囲気に水を差されたのが残念。もう少しお気楽でもよかった

 『幻想運河』

 ミステリーというより、サスペンス風。火村シリーズのような本格ではない。終始どんよりした雰囲気が漂う、陰鬱としたというか鬱屈としています。推理をするものではなく、大阪とアムステルダムという二つの水の都にまつわる幻想を楽しむといい作品

 『武士道~』
 前回『シックスティーン』を紹介してから、速攻で読み終えました。最後まで面白かったし、もっと読んでいたい作品。剣道にかける二人の青春の輝きを、ぜひ皆さんも楽しんでください。姫川シリーズの読者さんも是非。誉田さんの新しい一面が発見できます。
 ※※ジェネレーションのあらすじを見たらあの人が結婚していてびっくりですw

 『月に繭~』
 タイトルはこんなですが、ターンAガンダムです。ユニコーンも買いましたw
 ターンAは、ダサいガンダムという知識しかないのですが、この本の話は面白かった。未来版かぐや姫と言ったところでしょうか。ユニコーンも楽しみ(OVAは「パラオ作戦」まで見たという中途半端さです(;^ω^))。

 『東京レイヴンズ14』
 物語もいよいよ佳境です。というか、一気呵成に「上巳の祓」の一日で決着をつけるのかと思いきや…な展開。二期序盤で言われていた「泰山夫君祭の失敗」の理由が分かりましたね。まさかあの二人にあんな因縁が…(笑) 瀧子―(多軌子―夏目―混)、というつながりでないことを祈ります。
 次巻は、決着ではなく過去編とのこと。ちなみに今回はシリーズ最厚です。


 それでは皆様、MerryXmas!
スポンサーサイト
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR