9/25 『3月のライオン』ほか

 今回の分の更新です。
 ではどうぞ。

・R. A. ハインライン     『夏への扉』         ☆3.5
・誉田哲也          『ヒトリシズカ』        ☆3
・越谷オサム         『空色メモリ』        ☆3.5
・養老孟司          『脳の見方』         ☆4
・養老孟司          『涼しい脳味噌』       ☆4
・太田紫織      『櫻子さんの足元には死体が埋まっている はじまりの音』   ☆3
・服部まゆみ         『一八八九切り裂きジャック』

・羽海野チカ         『三月のライオン 11』   ☆4.5




 後回しにされていた『夏への扉』、やっと読みました(;´・ω・)
 日本では評価が高いという謎の作品のようですが、割と面白かったです。多分、勧善懲悪というか真面目な人間が救われるというストーリー展開が、日本人に受けるんでしょうね。水戸黄門みたいな。
 SF的な真新しさはないですが、うまく組み合わされた面白いストーリーだったかと思います。

 『ヒトリシズカ』は、構成は面白かったのですが、ストーリーが個人的にはイマイチでした。
 最終章で、いきなり時間が跳ぶ(15年ほど)のも微妙。もう少し丁寧に追っていって欲しかった。もしくは最終章の中心人物に、もう少し焦点を当てて欲しかったかなと思います。唐突な展開に感じます。姫川シリーズほどの重厚感は感じられませんでした。

 『空色メモリ』は、ミステリー風味を加味した青春小説。
 越谷さんは、個人的には『金曜日のバカ』以来かな。もう覚えていないけれど(-_-;)
 『氷菓』の男子二人が非モテのぽっちゃりと根暗メガネになったと言えば、作品の雰囲気はつかめるかもw もてない男子高校生の苦悩も含め、見事に青春の一コマを切り取った作品になっていると思います。

 今回の『櫻子さん~』は、短編集。
 新年度になり、主人公の身の回りにもささやかな変化が見られるように。とは言え、主要登場人物には特に変化はなく、普段通りです。 特別篇として収録されている掌編が面白かったです。
 アニメ化には期待していませんね……。そして相変わらず、折に触れての花房、花房しつこいです。

 『三月のライオン 11』、最高でした(*'▽')
 零君がカッコいいところを見せてます、男らしいw 前回とんでも発言がありましたが、その結末はご自身の目でご確認を。
 ここ数巻重い空気になっていましたが、今巻はすきっとします。もやもやは残りますが、「ああ、この子たちは大丈夫」だと思えるようにはなりました。
 今回のMVPは、雷堂さんですかね(笑) あ、あとヒフミンもちょっとだけ登場してたり。


 養老先生は、エッセイ本なので感想なしです。 時々発せられる毒舌が最高ですw
 『一八八九~』は、本日買ってきたばかりでまだ読んでいませんので、感想は後日。
 あと忘れていたことを忘れていた『綺羅の棺 建築探偵桜井京介の事件簿』を購入。『一角獣~』は相変わらずナシ。

 それではまたノシ
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR