8月31日更新分です

しばらく間が空いてしまいましたが、今回の分の紹介です。

今更ながらですが、星での評価をつけようかと思います(正しくは、忘れていました(;´・ω・))。
なお、投稿時点で未読のものにはつけていませんのであしからず。
皆さんの読書の参考になれば幸いです。


・江波光則   『我もまたアルカディアにあり』 
・長谷敏司   『My Humanity』                      ☆4
・宮内悠介   『ヨハネスブルクの天使たち』              ☆3.5
・川瀬七緒   『法医昆虫学捜査官』                  ☆4
・―       『法医昆虫学捜査官 シンクロニシティ』
・七尾与史   『バリ3探偵圏内ちゃん 忌女板小町殺人事件』   ☆4
・高田大介   『図書館の魔女 上・下』                ☆4.5
・篠田真由美  『失楽の街』
・―        『胡蝶の鏡』

・野村美月    『吸血になったキミは永遠の愛をはじめる 5』    ☆3
・紙魚丸     『惰性67パーセント』                   ☆4
・ヤスダスズヒト 『夜桜カルテット 17』                  ☆3.5




 『My Humanity』は、短編集。4編所収。
 『あなたのための物語』と同一世界観の作品2編、『Beatless』のもの1篇となっています。個人的には、その他となる「父たちの時間」が好きでした。

 『ヨハネスブルク~』も短編集。こちらは5編。
 表題作が一番面白かったです。全体としては、前作の『盤上の夜』の方が面白いと感じました。中編ぐらいにして、もう少しずつ掘り下げてくれるともっと良かった。

 『法医昆虫~』は、はじめましての作家さんの作品。
 昆虫の生態学と法医学を組み合わせた新しい視点での警察小説。虫が苦手な方にはおすすめできませんが、キャラも経っていて面白い小説でした。続編も出ているので、今後とも注目していこうかなと思ってます。

 『圏内ちゃん』は、前回と同じく面白かったですね。
 今回はスターシステム搭載で、あの方々も登場しているのでにぎやかです。ミステリーとしても今回は面白かったかと思います。

 『図書館の魔女』は、前々から触れていましたがようやく読みました。
 とは言え、下巻はこれからですが(;´・ω・) 何せ分厚い。2巻合わせて1500ページになる大作です。が、厚さが気にならなくなるほどの面白さ。先が気になって手が止まらない(笑)
 久々に読ませてもらった面白いファンタジー小説です。続編も買おう!
 物語好き、本好きな人には是非ともおススメな一作です。睡眠不足に注意。


 『吸血鬼~』は、残念ながら今作で打ち切りとのこと。 個人的には楽しんでいたので残念。
 ただし、今作は最終巻に当たるのに話は畳まれていません。理由はあとがきにありますし分からなくもないのですが、投げっぱなしジャーマンを食らった感じ。そのため☆-1。
 バレンタインをめぐるドタバタ劇は楽しかったです。

 『惰性~』はなんとなく購入してみた作品。最近よく見る、同人作家さんの商業作品。
 ちょいエロのゆる~いオタクサークルの日常話。『げんしけん』よりゆるいw

 『よざカル』も、とうとう17巻。
 最終決戦前のひと時といった感じでしょうか。

 「建築探偵シリーズ」も結構来ました。あと3冊ぐらい。 蒼が主人公の番外編3冊は未読。


 こうなると、飛さんの『象られた力』が読みたいです。忘れてた(;^ω^)
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR