法条遥 『忘却のレーテ』 (新潮nex)

忘却のレーテ (新潮文庫 ほ 24-1 nex)忘却のレーテ (新潮文庫 ほ 24-1 nex)
(2015/04/30)
法条 遥

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 両親を事故で亡くした女子大生、笹木唯(ささき・ゆい)は、高額の報酬と引き換えに記憶消去薬「レーテ」の臨床実験に参加することに。
 完全に閉鎖された施設内で、「レーテ」の制作者である小野寺エリス(おのでら・えりす)博士の監視のもと7日間過ごす。毎日「レーテ」によって記憶がリセットされる唯と5人の被験者たちだが、実験途中のある日、目が覚めると流血死体が発見され――。

感想
 面白かったです。
 一日ごとに記憶がリセットされるというシチュエーションも面白かったです。 また閉鎖空間内での殺人事件という舞台設定も好きでした。
 シチュエーションから、どことなく、米澤穂信『インシテミル』を思い出したりしましたが。 『インシテミル』は、映画版はアレでしたね(´・ω・`) 原作はよかったのに。


 感想ですが、個人的にはあるものがなければこの作品はもっと楽しめたのにと思ったり…。
 親切丁寧な設計のおかげ、というのもあるのでしょうし、無くす訳にもいかないものではあるんでしょうが、無かった方がより一層仕掛けを楽しむことができたような気がします。

 さて、作中に出てくる創作の薬品「レーテ」(忘却の川である「レテ河」に由来とのこと)の記憶消去ですが、現実世界でもそのうちできそうですね。 
 欲しいようないらないような。  あ、黒歴史的な記憶はきれいさっぱり消してほしいですけどねw

 記憶の消去と改竄は、動物実験(マウス)ではすでに成功しているみたいですし。 そう遠くない未来には、登場するのかもしれません。 まぁ、前述の記憶操作が薬品でも実現できるのかどうかはわかりませんが。
 作中でもたびたび指摘されていましたが、悪用すればひどいことになりそうですね。 上手に使えれば、PTSD治療などに有効な治療法の一つにはなりそうですけども。



 さて、そうしたあれこれを取り除くと、本作は割とオーソドックスなクローズドサークルものですね。
 作中で起こる殺人事件そのものに関しての推理はほとんど展開されません。というか、一日ごとに記憶がリセットされるので、推理可能な時間がほとんどないということもありますが。
 ありもしない記憶に従って推理を展開するとか、恐怖ですしw

 本書のトリックの粋は、殺人事件そのものにあるわけではなく、その周縁にあります。 それも、読んでみると「ああ、法条さんっぽい」と思うところに使われています。

 殺人事件そのものの推理を楽しみたい人には物足りないかもしれませんが、創意工夫の凝らされた作品だと思います。
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR