筒井大志 『ミサイルとプランクトン (1)』

ミサイルとプランクトン (1) (電撃コミックスNEXT)ミサイルとプランクトン (1) (電撃コミックスNEXT)
(2014/12/19)
筒井大志

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 多数の学校から志望者を集めて結成された、「ミサイル部」。 青海翔太(おうみ・しょうた)、達子祥(たつこ・さち)といったエリート高校出身者を中心に自作ミサイルの完成を目指していた。
 青春を謳歌しているかのように見えるその日常は、その実、とてつもない違和感を内包していて……。
 壊れてしまった世界の中で、それでも僕らは恋をする――。

感想
 以前から気になっていた作品だったのですが、中古品になって並んでいたので購入。

 ヒロインの祥が可愛かったのが決め手。
 原作が田中ロミオということなので、そこまで外れではないないだろうという点もありましたけど。とはいえ、田中作品は、あまり読んでないんですけどもw
 『AURA』『小早川さん』ぐらい? 『人類は衰退しました』などは未読です。

 
 物語的には、まだほんのさわりの部分しか描かれてはいないので今後の展開に期待といったところです。
 キャラクター紹介と、ちょっとした世界観の紹介ぐらいだけです。
 なので、あまり書くことがありません。

 祥の想いの行方が気になります。
スポンサーサイト

佐島佑 『夏風モノクローム ハサミ少女と追想フィルム』

夏風モノクローム ハサミ少女と追想フィルム (角川ホラー文庫)夏風モノクローム ハサミ少女と追想フィルム (角川ホラー文庫)
(2015/02/25)
佐島 佑

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 道郎(みちろう)の通う帝陽美術大学の上空に、突如カラスの大群が現れた。教室で映画撮影の稽古をしていた道郎は、カルミンとともにカラス事件の解決に乗り出すが予想外の事実に行きあたる。
 ホラー映画から飛び出してきた謎の少女・カルミンと出会ってから、この世ならざる者が見えるようになってしまった道郎。この世ならざる者たちが引き起こす不思議な事件を解き明かしながら、道郎たちは自主作成映画を完成させることはできるのか。

感想
 なんだか益々ラノベ化したような気がします。


 今回は、計5つの短編が収められていました。
 「エンジェル・ペイン」。
 「夏風モノクローム」。
 「偏愛の箱」。
 「虚実の仮面」。
 「タナトスの困惑」。

 ラノベ化したと書きましたが、ホラー要素がうっす~くなっている気がします。
 怖さとかそういったものは特に感じませんでした。
 「角川ホラー文庫」なのに。

 「エンジェル~」で、人間の妄執を見せられて人間の怖さのようなものはありましたが、恐怖心ではありません。
 「夏風~」は、むしろいい話でしたし。いい話でしたが怖くはない。
 その他は特に感想はありません。


 ホラーミステリーとありましたが、前作よりホラーでもミステリーでもなくなっている気が…。 前作は面白いと思えた部分があったので今回も買いましたが、今後は検討します…。 

太田紫織『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(角川文庫)

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 謡う指先 (角川文庫)櫻子さんの足下には死体が埋まっている 謡う指先 (角川文庫)
(2015/02/25)
太田 紫織

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 北海道は旭川の冬。僕は、櫻子さんと薔子(しょうこ)さんに頼まれて、旭岳にある彼女の親類の別荘を訪れることに。訪問の目的は、最近亡くなったという別荘の持ち主の遺品整理だ。驚いたことに、骨と謎にしか興味を持たない櫻子さんも同行するという。
 別荘で過ごしていると、折悪しく暴風雪に見舞われて停電がおきてしまう。しかも設置されている暖炉の中から人の骨が見つかり…(「凍える嘘」)。
 「Bloody Valentine's Day」、「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」の三本でお送りするキャラミステリー。

感想
 何故かアニメ化、コミック化されるとのお知らせが帯にありました。
 これ、アニメ化出来るのか…?  白骨アニメとかヤダなぁ(笑)


 それは置いておいて、本編の感想です。
 今回だと、あらすじにある「凍える嘘」が面白かったですね。
 櫻子さんの「異様さ」と、骨という、この作品の性格を一番出しているかと思います。
 冷静に、周辺の事情に頓着せず結論だけを重要視する人間性。探偵像としては良く見ますが、日常におかれてみると異様だということが浮き彫りになりますね。

 「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」は、「ベイカーストリート・イレギュラーズ」のもじりなんでしょうね。
 とは言え、タイトル以上のものはなかったかと思いますが。
 「Bloody~」は、犯人がキモかったです。 それ以上の感想は特に持てませんでした。「らしさ」も特にありませんでしたし。


 他は、以前にも言ったかと思いますが、あの「裏で糸を引いている人間がいる」という設定がどうも好きになれません
 というか、この作品には余分なもののような気がしてならないのですが、いかがですか?  漂うB級映画臭…。
 長く引っ張らないで、さっさと幕引きをした方が良いような気がします。とある子ども名探偵みたいになりますよぉ(笑) かといって金田○少年の「地獄の傀儡師」のような立ち位置という訳でもないのがまた…。

 
 最初の話題に戻りますが、この作品はあまりアニメ向きではない気がします。
 一気にオワコンにならないことを祈ります…。

櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス』 (角川ホラー文庫)

ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵 (角川ホラー文庫)
(2015/02/25)
櫛木 理宇

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 年の瀬も迫ったある日、オカ研に奇妙な依頼が舞い込んだ。絵画同好会の卒業展示会で、『モナリザ』を主題にしたある絵にだけクレームが殺到したという。同好会の男子学生が、婚約者でもある彼女をモデルに描いた絵だというのだが…。
 「嗤うモナリザ」、「仄白い街灯の下で」、「薄暮」、「夜に這うもの」の四編で送る、青春オカルトミステリー第七巻。

感想
 「リア充爆発しろ!」と言いたくなるような表紙(笑)
 まぁ、中身も似たようなものですが。


 今回の話の中では、「嗤うモナリザ」がよかったかなと思います。 この中では一番オカルトっぽく、ホラーしていたので。
 オチとしてはイマイチなのが残念でした。
 てか、あのオチはどうなのかとも。 別にいいのですが、人道にもとるような気がしましたが。

 「仄白い~」は、いい話系。
 「薄暮」は、地味なおっさんのお話。
 「夜に~」は、学生運動絡みのお話。

 と、他の三つは微妙でした。 ホラーにしては弱く、ミステリー的でもないかと。
 特に「薄暮」は、おっさんの一人称視点で語られることもあり、イマイチな感じの小品。


 あとは、巻を追う毎に益々ラブコメ化していっているのが気になりますね…。
 いや、恋愛分は別に嫌いじゃないですよ。 でも、昔ジャンプとかで見たようなダラダラした感じのラブコメなのが少し気になって来たかなぁと。
 あんまりグダグダしていると、飽きてくるのじゃないかな?


 「君たち、付き合っちゃえば?」
 と帯に煽りがあるのですが、まったくその通りでだと思います。
 ちなみに同じく帯にあるのですが、「片思いに急展開」はまったくありませんのであしからず…。


 てか、メディアミックスでコミック化もされたそうです。 アニメ化とか目指してるのかな?

丸戸史明『冴えない彼女の育てかた Girls Side』(富士見ファンタジア文庫)

冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)
(2015/02/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 澤村・スペンサー・英梨々(さわむら・えりり)。外交官の父を持つハーフのお嬢様にして、美術部のエース。しかしてその裏の顔は、人気同人作家柏木エリ。
 霞ヶ丘詩羽(かすみがおか・うたは)。トップの成績を維持し続ける孤高の才媛。高校生にして人気ラノベ作家の裏の顔を持つ。
 これは『安芸倫也(あき・ともや)の知らない物語』。彼女たちの出会いと、本編七巻の彼女たちのある決断の裏側を描いた二人の物語。

感想
 短編集です。
 本編が第二部に移行するということで、中休みといった感じでしょうか。


 本編最新話がすごいことになっていたので、その裏側を描いてくれたのは良かったかなと思いました。 二人のあの決断がどういった風にしてされたのか、その決断の裏側をうかがい知ることができます。
 英梨々はなんとなくわかるんですが、詩羽先輩もああなったのは意外だったので。
 てか、詩羽先輩、腹グロになりきれないのね…。
 優し過ぎですよ(^_^;) そんなんじゃ、横からさらわれますよ~。


 出会い編となるもう一遍の方は、なんか納得してしまいました。 「こんな感じの初対面だったんだろうなぁ」と(笑)
 割と昔から詩羽先輩はマジだったのね。
 英梨々は、ツンデレというか負け犬っぷりがすごかった。小型犬が見えたw


 アニメの方も絶賛放送中ですね。
 イズミちゃんが出てきましたが、美智留はいつになったら登場するのか。 個人的に好きなキャラナンバーツーなので、登場が待ち遠しいです。
 なお本編の方もご無沙汰な模様orz

 次巻からの第二部はどうなるのでしょうか? 楽しみに待ちたいと思います。

乙野四方字 『ラテラル』(電撃文庫)

ラテラル ~水平思考推理の天使~ (電撃文庫)ラテラル ~水平思考推理の天使~ (電撃文庫)
(2015/02/10)
乙野四方字

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 謎を解くことが生きがいの少年・鳩ノ巣論(はとのす・ろん)。高校二年生の新学期初日、新しいクラスで論の後ろの席になったのは全身白づくめの少女・瑞平すすめ(みずひら・すすめ)だった。瑞平すすめは極限まで肌を隠し、合成音声で自己紹介する不思議な少女だった。
 アクシデントから論が彼女の肌に触れた時、突如世界が暗転した。
 〈ようこそ、【状況空間】へ!〉
 「シチュエーションエリア……?」
 自らを天使と称する謎の存在が支配する空間に引きずり込まれた論。脱出するには謎を解く必要があるという。論は空間とすすめの謎を解き明かすため、謎に挑む。

感想
 「推理ゲーム小説」という珍しいジャンルということで購入してみました。
 「水平思考」という言葉自体はどこかで聞いたことがあったのですが、何だったか忘れていたので、それもあって気になったとこです。


 作中で提示されている推理ゲーム自体も面白かったですね。
 難易度はともかくとして、予想外の方向に展開することもあって楽しめました。
 普通の推理小説のような推理ではないところも面白かったですね。珍しくて。


 それはともかくとして、わりと主人公の設定(「愛が分からない」)はちょっとアレな感じでしたし、同じく幼馴染ちゃんが「愛をささやき続けている」のも何でですかね?

 
 短いですがまとめると、突っ込みどころはあれど、水平思考推理ゲームが面白かったです。なんだかもっと普通に部活小説みたいになっていても面白かったかもしれません。

神西亜樹『坂東蛍子、屋上にて仇敵を待つ』 (新潮文庫nex)

坂東蛍子、屋上にて仇敵を待つ (新潮文庫nex)坂東蛍子、屋上にて仇敵を待つ (新潮文庫nex)
(2015/01/28)
神西 亜樹

商品詳細を見る



評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 坂東蛍子(ばんどう・ほたるこ)は桐ケ谷茉莉花(きりがや・まりか)が嫌いだった。容姿端麗、運動神経抜群にして、自身と並び称される彼女のことが許せなかった。だが、何故嫌いで許せないのか、判らなかった。故に彼女は果たし状を書く。
 その日、学園に大スターは屋上にて決闘する。学舎がお化け屋敷と化し、テロリストに占拠されようと、その程度の事件では彼女たちの青春は止められない!

感想
 前作も面白かったですが、今作も前作の勢いはそのままに面白かったですね♪
 前回はロボットやら、宇宙人やら、喋るぬいぐるみやらが登場して賑やかでしたけど、今作もそれらに加えて幽霊やらが登場して賑やかです。

 本文が基本的に登場人物の独白で埋められているので、登場人物が多いと「今誰の視点で物語が語られているのか」がわかりづらいのが難点といえば難点ですが(^_^;)


 今作で意外だったのは、蛍子が運動会の短距離走で敗北したことお化けが苦手なことですかねw
 あのハイスペック人間に勝利する人間がいようとは。
 そして怖いもの知らずに見えるのに、幽霊が怖いとか可愛いじゃないかw

 肝試しシーンは良かったです。
 友人たちと蛍子のドタバタ喜劇っぷりが最高でした。
 キャーキャー言っている彼女たちが可愛かったです。


 個人的には、作劇上、学園占拠事件はべつに要らなかったんじゃないかなと思いました。
 CIAだかのおっさんと、ロボを出すのには必要だったのかな?
 もしくは蛍子の知らないところで進行する世界規模の事件の一つってところかな。

 他には、蛍子の親友であるところの結城満(ゆうき・みちる)の蛍子愛の半端なさに今回もびっくりですw
 行き過ぎていて、ちょっと怖いですが…。


 300P超と、そこそこのボリュームの本作ですが、テンポ良く進んでいくので意外とサクッと読めてしまえるところもいいところです。
 続編も出そうな気がするので、今後も期待です。

岡崎琢磨 『珈琲店タレーランの事件簿 4』 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2015/02/05)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 「主人公はレモンが書店で爆発する場面を想像して、辛気臭い思いを晴らしたんやったな」。
 五年前に他界した大叔母が失意の美星を救うために仕掛けたのはちょっとした謎だった――京都市内にひっそりと佇む喫茶〈タレーラン〉の庭に植えられたレモンの樹の秘密を描いた「純喫茶タレーランの庭で」を始め、5つの事件と書きおろしを加えた短編集。

感想
 面白かったです。
 やっぱりというと失礼かもしれませんが、このシリーズは短編集の方が面白いですね。短編が上手ですね。短い中でもきちんとまとまっているし、伏線も張られているし。


 今作は「ブレイクは五種類のフレーバーで」というサブタイトルになっているように、5つの短編からなっています。実際はそれに加えて一遍のショートショートが付けられています。


 どの短編も結構面白かったんですが、3つ目の短編「消えたプレゼント・ダーツ」は好きになれませんでした。
 この話の筋・トリック自体は別に嫌いではなかったのですが、とある登場人物が嫌いでした。
 意味がわからない自分への自信から他人を見下すような人種。
 まぁ、ダーツ上級者が初心者を笑っていただけなら良かったんですけどね。それ以上となるとちょっと鼻白むというか…。


 それ以外の短編は結構面白かったです。
 序盤の二編の仕掛けは「どこかで」見たことがあるものでしたけど(^_^;)

 他だと、「可視化するアール・ブリュット」のトリックの種が面白かったですね。良く知っているあの道具にそんな裏側があるとは知らなかったですw 


 今後も面白い中・短編お待ちしています。
 てか、今回はコーヒー蘊蓄が無かったですね、そう言えば。……ネタ切れ?

井上真偽『恋と禁忌の述語論理』 (講談社ノベルス)

恋と禁忌の述語論理 (講談社ノベルス)恋と禁忌の述語論理 (講談社ノベルス)
(2015/01/08)
井上 真偽

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 大学生の森帖詠彦(もりじょう・えいひこ)は、天才数理論理学者の叔母・硯(すずり)のもとを訪ねる。アラサー独身美女であるところの硯に、探偵が解決した事件の真相を解決してもらうためだ。
 「毒入り手料理は故意か事故か」、「幽霊の証明による絞殺犯の特定は可能か」、「双子のどちらが犯人なのか」。
 それら詠彦が持ち込む問題を、硯は数理論理学で解き明かすことができるのか!?

感想
 「数理論理学」という一般にはなじみのない学問をミステリーに取り込んだ意欲作でした。
 馴染みが無いどころか、言葉自体寡聞にして聞いたことが無いものでしたので興味を持ったので購入。
 アラサー女子が探偵役というところも珍しい所でしたね。


 が、いかんせん一般的ではなさ過ぎるガジェットを使っているせいか本編の3分の1以上、下手をすると半分近くが「数理論理学」の思考方法の説明に割かれるという具合になっています。
 ヒロイン(?)であるところの硯さんによる講義形式をとっているので読みやすくはあるのですが、話のテンポがぶった切られている部分は否定できません。

 あと巻末に付録という形で数理論理学の理論の補足がされてはいるのですが、もう少し説明が欲しいところ。 2章、3章で出てきていた「論理計算」の式の読み方、見方についての説明はもう少しして欲しかった。どう見れば良いのかがイマイチ分かりませんでした。


 作品の構成としては、「探偵」が推理・解決した事件を、「最終探偵」wであるところの硯がダメ出しをして事件を読みなおすという形式になっています。
 こうした構成上、各事件を最初に推理する探偵はあて馬になっていますし、推理もミスリードにしかなり得ません。ですので、各章序盤の探偵の推理劇が魅力減です。

 まぁ、この辺りの事情はエピローグで明かされるのですが、その辺りは良かったと思います。意外性もありましたし。

 他の探偵の推理披露の後、満を持して硯が事件の真相を喝破する訳ですが、無駄に遠回りしているように思えます。
 普通に推理しても分かるような気がしてなりませんでした…。 事件自体のトリックはわりとオーソドックスでしたし、核心部分はワザと見逃されている感が…。


 あと、主人公の性格が謎。 統一されていないような感じを受けました。わりと躁鬱気味
 硯さんを賛美しすぎなきらいもあります。そのせいか数理論理学というものにも無批判に畏怖を感じていたり。ちょっと気味悪かったです。まぁ、ここら辺の理由はタイトルから推して測れますけども。

 そして時折、謎のネタを会話にませるのはどうかと。「禁則事項」って、ネタだとしたらだいぶ古いですよね? そしてメタ発言が多いのも気になりました。
 ちなみに硯さんのキャラクター自体は、わりと好きでした。



 ミステリー作品としてはそれほど魅力を感じませんでしたが、斬新な試みがされているところがよかったですね。数理論理学に少し興味が湧きました。
 その点で☆3です。抜きにすると☆2.5ぐらいですかね。

 硯さんは安楽椅子探偵をやめて、普通に現場で推理する形になれば面白いような気がしました。数理論理学のフィールドワークのような形式はどうでしょう。
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR