竹宮ゆゆこ『知らない映画のサントラを聴く 』(新潮文庫)

知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)
(2014/08/28)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る


 新潮NEXから刊行された、竹宮ゆゆこさんの新刊です。
 ラノベではなく、一般書籍。

評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 錦戸枇杷(にしきどびわ)、23歳、無職。便所サンダルをひっかけて、夜毎に「泥棒」を追いかける日々。「泥棒」に奪われたのは、大切な親友からの贈り物。あまりにも綺麗で、完璧で、お姫様のような親友、清瀬朝野(きよせあさの)。
 枇杷は泥棒を追ううちに、気付くと朝野の元彼、森野昴(すばる)とであい、気付くと変人で、コスプレ趣味を持つそいつと同棲することに! 昴と暮らすうちに、親友である朝野とその元彼昴との間で揺れている自分に気付く枇杷。
 これは恋なのだろうか、それとも贖罪なのだろうか。

感想
 実は本作、最初は買う気がありませんでした(^_^;)
 と言うのもですね、竹宮さんの前作『ゴールデンタイム』が個人的に微妙だったからです。
 さらにその前作、『とらドラ』は最高だったんですけどね。

 が、本作は作風が以前の感じに戻っていて楽しめました。
 『ゴールデンタイム』は、何を言ってるのか分からない感じだったのですが、今作ではそうした感覚はなく、素直に読めました。 『とらドラ』の時のような、疾走感がありつつもしっかりとした感じが戻っていました。

 作品としては、恋愛小説なのでしょうか?
 紹介分にはそうあるのですが、個人的には恋愛小説と言うよりはロードノベルのような、主人公の成長をテーマにした作品だと思います。
 無職、彼氏なし、友達なしの可哀想な主人公、枇杷の人間としての成長の話です。彼女の心に影を落としているある出来事の克服を通じた、彼女の自立へのお話。


 枇杷は、なんと言うか竹宮さんが好きなダメ女子ですね。 『とらドラ』でいうところの「ゆりちゃん」とか。
 昴君は、いい人に見せた変人でしたw 一番心配な人ですね。

 てか、枇杷の家族が酷かった。
 なんだ、あれ。家から突然追い出すとか。まぁ、ちゃんとした訳があったのですが、読んでいる途中はクソ野郎どもだなと思ってましたw

 
 内容はもちろん違いますが、『とらドラ』が好きな方には本作は十分楽しめるものだと思います。
 何気に今回、新潮NEX関係で買った三作品の内では、一番面白かったかも。
 『いなくなれ、群青』、『坂東蛍子、日常に飽き飽き』、『知らない映画のサントラを聞く』。
スポンサーサイト

秋★枝『俺の彼女が×××を期待していて正直困る 』(ヤングキングコミックス)

俺の彼女が×××を期待していて正直困る (ヤングキングコミックス)俺の彼女が×××を期待していて正直困る (ヤングキングコミックス)
(2014/08/23)
秋★枝

商品詳細を見る


 タイトルなげぇw

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 タイトルから推して知るべし。
 オッパイ星人の先輩(男子)×努力家スイーツ女子とのほのぼの初体験奮闘記。
 作者の初百合作品50pも同時収録。

感想
 秋★枝さんの新作です。
 どういう訳か、結構真正面からのエロでしたw
 元々エロ描写はある作者さんでしたが、ここまでなのは珍しい、のか? 同人もされている作者さんなので、本人的には別に珍しい訳ではないのでしょう。

 あ、ちなみにエロ、エロ言っていますが、れっきとした一般書籍ですw 青年誌です。
 でもエロマンガと言う訳ではなく、Sexをテーマにしたラブコメディになっています。単なるエロマンガではないので、ご安心ください。


 同時掲載の、百合漫画もなかなかおもしろかったです。
 そこまで百合百合したお話ではなく、大人しめのお話。幼名馴染みが大好きだけど言いだせない司書さんが主人公。
 こちらにはエロスは皆無ですw

ぷよ 『長門有希ちゃんの消失 (7)』 (カドカワコミックスAエース)

長門有希ちゃんの消失 (7) (カドカワコミックスAエース)長門有希ちゃんの消失 (7) (カドカワコミックスAエース)
(2014/09/03)
ぷよ

商品詳細を見る


 『消失』長門のお話、最新刊です。

評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 キョンの家に行って、キョンと彼の妹と三人でゲームをすることになった長門。突然のお誘いにアタフタするものの、当日はとても楽しめていた。しかしゲームに熱中していると突然、彼の妹からキョンのことをどう想っているのかを尋ねられ…。
 そして今年もクリスマスの季節がやって来た。ゲームをした日のこともあり、ぎくしゃくする二人。今年のクリスマスには今度こそ思いは伝えられるのだろうか。

感想
 とてもよろしかったです。
 ずっとニヤニヤしながら読ませてもらいました。恐らく傍から見ている人がいたら気持ち悪かったと思います(^_^;)
 いや、それだけ良かったんですよ!

 長門がとてもかわいくて。 もう、最高ですw

 それ以外に言うことはない。
 原作とは結構違っているが、気にしてはいけない。作者も折り返し部分で言っているじゃないですか、「変わって何が悪い」とw 変わっていても、改悪している訳ではないので、構わないと思います。
 が、原作者の谷川さんは困るでしょうが。
 そうそう、谷川流といえば今月新刊が刊行されるようです。9月29日でしたかね。
 新潮社NEXから『絶望系』と言うタイトルです。

 来年はアニメ化されるようですが、本編は次巻で終わりになりそうですね。
 て、アニメの声優陣はオリジナルキャストでやるんでしょうかね? 変わったら変わったで暴動が起きそうですがw
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR