アーサー・C・クラーク『幼年期の終り』 (ハヤカワ文庫 SF (341))

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))
(1979/04)
アーサー・C・クラーク

商品詳細を見る


 SFもの第5弾?です。
 とうとうやって来た大御所、アーサー・C・クラークですよ~。次はフィリップ・K・ディックですw

評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 人類が宇宙に進出しようとしたまさにその日、巨大宇宙船団が地球の空を覆った。やがて人の頭の中に一つの言葉がこだました――人類はもはや孤独ではない。
 それから50年、人類よりはるかに高度の知能と技術を有する異星人はその姿を人類の前に表すことなく、平和裏に地球管理を行っていた。彼らの真の目的は何なのか。人類の未来はどうなるのか。
 宇宙の知性との遭遇によって新たな道を歩み出す人類の姿を描き出した名作。

感想
 さすが巨匠の名作。
 評価されているだけのことはあって、とても面白かったです。

 一番驚いたのは、普通に読めたことです。
 1952年の出版で、その当時の技術予想を基に未来を描いているはずなのですが、60年以上経った今読んでも違和感が無いということが一番すごいですね。
 まぁ、宇宙人との遭遇があり得ないとかいう実際面での突っ込みはなしでお願いしますw

 タイトルの『幼年期の終わり』は、本書を最後まで読むと意味がわかります。
 それに合わせてですが、本書は「我々は何処から来て、どこへ行くのか」といった哲学的命題への答えの一つを提示しているのではないでしょうか。そうした哲学的考察を含めたSF作品は多くあると思いますが、この作品が嚆矢ということなんでしょうか。

 本作は、三部構成になっています。
 一部は、宇宙からやって来た知性体、オーバーロードと呼称される彼らとの接触を果たした第一世代の人類の話。
 二部は、オーバーロードの導きによりかつてない繁栄を謳歌するようになった人類の黄金時代の話。
 三部は、オーバーロードたちの目的と、人類のその後へと繋がる話。
 このように、各世代の人類を通して、オーバーロードと人類の交流、彼らの目的が何かが次第に明かされていくという構成になっています。
 作中の人類と同じように、読者にも次第に物語の真の姿が明らかにされていきます。


 SF色、特に科学技術的な話はそう多くはなく、むしろ「人類とは何か」といった哲学的考察が週に据えられている印象です。 その点で、科学技術考察が好きな方には少し物足りないものかもしれません。
 また、アクションといった点では、作中には全くありません。宇宙人との遭遇ということで、『インディペンデンスデイ』のようなものを期待してはいけません。

 そうした耳目を集めるものは薄いのに、読ませます。 とても楽しく読めました。
 SFはまだ読んだことないという人にも、おススメの一作です。

 個人的にはオーバーロードではない、「彼ら」(ネタバレ回避です)は何がしたかったのかという謎があります。
 人類を変容させて、どうするつもりなのか?
 そうした点まで描いても良かったのではないかなと思いました。まぁ理解不能な存在ということで、ああした書き方で終わっているのかもしれませんが。

 もう一つ、個人的には『Xenogears』のネタ元の一つ(確か)に触れられて良かったですwww
 カレルレンとフェイですね。 フェイが犬だったのは笑えましたが。
 

※※ちなみにですが、先に「宇宙人との遭遇があり得ない」と書きましたが、宇宙人の存在は否定しません。この広い宇    宙にむしろ人類だけしか存在しないと思う方が不思議。
   ただ単純に、地球にやって来ることが物理的に不可能だろうということは思ってます。
   光速でも数十年かかるのだから、生きて辿りつけるのかどうか疑問ですね。炭素型生命体でなければ可能?
スポンサーサイト

河野裕『いなくなれ、群青』 (新潮文庫)

いなくなれ、群青 (新潮文庫)いなくなれ、群青 (新潮文庫)
(2014/08/28)
河野 裕

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 11月19日午前6時42分。僕は彼女に再会した。
 彼女は誰よりも真直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇(まなべゆう)。あるはずのない、あり得るはずのない彼女との出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。
 奇妙な島で起こる連続落書き事件。
 僕はどうしてこの奇妙な島にいるのだろうか、真辺由宇はどうしてこの島に来たのだろうか。やがて明かされるこれらの謎に関する真相は、僕たちの青春に残酷な現実を突きつけることに…。

感想
 奇妙な人間、奇妙な島、奇妙な事件。 謎に満ちたお話でした。
 河野さんの前作、『サクラダリセット』のような雰囲気の作品だと思いました。まぁとは言え、前作をすべて読んだ訳ではないので、正確には違った作風なのかもしれませんが。
 淡々として文体で書かれているので、平坦な印象というか、冷たさを感じさせる独特な文章です。

 
 主人公くんは、不思議な雰囲気の少年ですね。諦めと情熱がいい具合で同居している面白い性格。眺めている分には魅力的な性格だと思いますw
 打って変わってヒロインの由宇ちゃん。こっちは関わりたくないタイプですねw 真っ正直というか、正論魔人。さぞや生き難かろうと思います。気持はいいのですが、イラッとします。

 さて本作のメインは、彼らが囚われている奇妙な島の謎を明らかにすることにあります。
 が、そこまでミステリー仕立ての作品ではなく、ミステリーが苦手な方でも楽しめるかと思います。 個人的には落書き事件を大げさに取り上げてあるのはどうしてなのか不思議です。そこまでメインストーリーに絡むようなものでもない。

 メインどころの二人以外の登場人物も、結構面白かったです。
 個人的には、あまり喋りたがらない手紙魔の堀ちゃんが気になります。 ナドさんは、飄々としたつかみどころのないところがいい味出していると思います。友達にはなりたいとは思いませんがw
 まぁ、この島の正体を考えると彼らのことも気になるところです。


 奇妙な島の謎を解くこと、島の謎そのものが青春における悩みの解決にも繋がる構成は面白かったです。
 島の他の住人たちのお話も今後されていくと思うので、期待です。

野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2)』 (ファミ通文庫)

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)
(2014/08/30)
野村美月

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 自身が吸血鬼になったことを克服し、春科綾音(はるしなあやね)のパートナーとして演劇で頑張っていこうと決意した原田詩也(はらだうたや)。演劇部の次の演目は『マイ・フェア・レディ』。性格から何から自分とはまったくことなった人物像であるヒギンズ教授役、しかもテンポが速いなが台詞を特徴としたその役に苦戦する詩也。一方、詩也は自分を吸血鬼にした赤い目をした少女の吸血鬼、雫(しずく)が詩也を見て涙を流したことも気になっていた。
 そんななか、不注意からライバルチーム「チーム・ベガ」に所属するアイドルと詩也のスキャンダルが持ち上がる。それを受け、綾音とのパートナー関係にも揺らぎが。さらには彩音とのコンビ解消の危機までもちあがり…。

感想
 登場人物たちにも色々と動きが出てきて、いよいよ面白くなりはじめましたね。
 演劇や舞台にはまったく詳しくないのですが、それは置いておいても十分に楽しめました。
 『マイ・フェア・レディ』も実物は見たことが無いのです(^_^;) あとがきにありますが、劇中劇としての『マイ・フェア・レディ』は後半から別物に再構成されていますが。

 綾音先輩と詩也くんは、どうなっていくんでしょうね?
 なんとなくですが、前巻でテーマにしていた『吸血鬼ドラキュラ』のストーリーのごとくなるのでしょうか。それとも克服して、幸せになるんでしょうか。
 本書冒頭をみると、上手く行きそうにはなさそうですが…。

 他の登場人物、中でも綾音先輩の妹ちゃん、理歌(りか)ちゃんがお気に入りです。
 ちょこまかした感じが、かわいくていいですよね(///▽///)
 もっとも報われなさそうな感じがしますが、頑張れ!w

 そんなこんなで、登場人物たちの心模様も動いてきましたし、今後の展開に注目です。
 前作は、詩也くんが鬱々しっ放しだったせいで全体として暗く、楽しめませんでした。が、今作は困難を克服して前向きになったせいで作品も明るくなっています。
 それもあり、綾音先輩のやきもちもありで、面白かったです。サービスカットもありますよw


 さて、話は変わりますが、野村さんの作品は名作をテーマとして、それを読み変えて作品にしています。かと言って、原作を破壊しているのではなく、上手に活かしているところがすごいと思います。
 都合のいいように改変をしている訳ではない。かと言って、作風だけ利用するのでもない。難しいことを上手にこなされていると思います。

 次回は『とりかえばや物語』がテーマだそうです。
 これまで名前しか出てこなかったライバルチームの方々も出てくるそうなので、ますます物語が動いて行くものと思います。次回にも期待です。

庵田定夏『アオイハルノスベテ』 (ファミ通文庫)

【Amazon.co.jp限定】 アオイハルノスベテ イラストカード付き (ファミ通文庫)【Amazon.co.jp限定】 アオイハルノスベテ イラストカード付き (ファミ通文庫)
(2014/08/30)
庵田定夏

商品詳細を見る


 庵田さんの新作です。 前作『ココロコネクト』シリーズ完結から一年。早かったような、遅かったような。

評価(☆5が満点)
☆2

あらすじ
 輪月高校に入学した生徒だけが発症、体感する不思議な力。「シンドローム」と呼ばれるそれによって、横須賀浩人(よこすかひろと)は強制的に三年前の過去に時間を巻き戻された。どうしてそんな状況になったのか、誰のシンドロームのせいでそうなったのか、何も分からないまま、僅かな記憶だけを残して過去に戻されていた。
 そんななか、過去に戻された浩人が目的にしたのは、白紙に戻された高校三年間を最高の方法でやり直すことだった。幼馴染の少女、マニアックな友人、近寄りがたい美人のクラスメイト。彼らと再びの高校生活がスタートする。

感想
 個人的には、そこまで楽しめませんでした。
 というか、残念でした。
 
 ジャンルは前作『ココロコネクト』から変わらず、超常現象と学園ものでした。
 そこは別に良かったのですが、今作の作中で登場人物がその超常現象を否定するような言動をしたことですね。疑って否定するのではなく、存在そのもの否定だったことです。
 現象の有無を疑って否定するのではなく、存在することを前提としたとしてもその存在に価値を見いださない。「そんなバカなことにかまってないで、他のことに力を割きなさい」という感じ。

 それ自体はまったくおかしく話のですが、前作も今作も共に超常現象を前提としたストーリーであることを考えると、自己否定に聞こえるんですよね。
 そのせいか、ストーリーが白々しく感じられました。

 また、今作は部活動のようなミニサークルを中心にした話ではないため、キャラクター同士の掛け合いも少ないです。というか、淡々とした感じでした。
 そこそこ中の良いクラスメイト同士といった感じ。もちろん、主人公が二週目ということもあって、淡々としているせいもあると思いますが。

 もう一つ、今作の問題解決方法はないと思いました。
 前作の最終話でも同じような方法が取られましたが、あり得ないというか、ご都合主義的に過ぎるような気がします。ご都合主義が悪いとは言いませんが、これらの作品には合わないと思います。
 登場人物たちが真面目に一生懸命に考え抜いてそこに至ったはずなのに、解決方法があれではもったいないです。


 個人的には、前作『ココロコネクト』は好きな作品だったので新作となる今作にも期待していたこともあって、その分も含めて低評価になりました。
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR