恩田陸 『球形の季節』 (新潮文庫)

球形の季節 (新潮文庫)球形の季節 (新潮文庫)
(1999/01/28)
恩田 陸

商品詳細を見る


 恩田陸さんの昔の作品。
 ブックオフで見つけて、ついでに安かったので購入。100円でした。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 東北のある街で、奇妙な噂が広まった。「5月17日、一校の校庭に宇宙人が来て、エンドウという生徒が殺される」。
 出所不明で、細部は違うが類似した噂がある時突然広まった。
 市内に4校ある高校の有志で結成されている合同研究会、「地歴研」のメンバーは噂の出所を調査することにした。しかし調査半ばで、噂通り「エンドウ」という名の女子生徒が姿を消す。しかもまた新しいうわさが流れる自体に。
 街中では金平糖を蒔くおまじないが流行し、新たな噂も流れだす。今、平凡でありふれた日常が何かに浸食されつつあった。

感想
 「学園ホラー」と紹介されていましたが、学園は舞台の中心ではありませんでしたし、ホラーというより不思議現象でした。 何が言いたいかというと、肩透かしを食らった感じです。
 決して面白くない訳ではないですが、期待していた物とは似て非なるものでした。『六番目の小夜子』のようなものを期待してたのです。まぁ、小夜子も本当の意味でのホラーではないですが(^_^;)

 解説の方は「現実感」に注目して解説されてますね。
 日常を一つめくったすぐそこにある非日常。それがこの作品のキモだって。
 まぁ、それって普通ですよね。ホラーに限らず、ふとした時に気付く違和感、非現実感が物語になるんだと思います。

 でも『小夜子』と違い、今作ではその非現実感が超常現象に結び付けられているせいで、現実が遠のき過ぎていて怖さが薄い気がします。
 『Another』も超常現象が関わっていますが、綾辻さんが上手なために「現実味を持った怖さ」というものがあってホラーとしても面白いものになっていたと思います。
 その点、本作は恩田さんの初期作品ということもあってかイマイチだった気がします。


 ホラーやミステリーとして読むのではなく、青春もの、学園ものとして読めば楽しめるのではないでしょうか?
スポンサーサイト

櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜』 (角川ホラー文庫)

ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)
(2014/07/25)
櫛木 理宇

商品詳細を見る


 櫛木さんの『ホーンテッドキャンパス』の続巻来ました。
 
評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 時期はクリスマス目前。
 ザ・草食系男子、森司(しんじ)の前に中学時代の親友が現れる。が、そいつ(男)は森司のこよみへの片思いを妨害し始める。
 森司は、周囲の応援もあり、妨害にもめげずにこよみにクリスマスプレゼントを贈るためアルバイトを始める。始めたバイトは、引っ越し業者の手伝い。
 しかしバイトで訪れるのは、いわくつきの建物ばかり。飛び降りし続ける霊の居るマンション、悪霊が集う一軒家。サークルに持ち込まれた相談で訪れた老舗旅館では、晴れた空から帰るや泥が降ってくる。
 姉御、藍も関わったサークル立ち上げの裏話も収録。

感想
 やっぱり櫛木さんはこっちのシリーズの方がおもしろいですね。
 シリーズ6巻目になる今作も面白かったです。

 個人的には、サークル立ち上げに関するお話が好きでした。
 これまで語られていなかった裏側が明かされてます。藍さんの話、切ないです。でも昔から姉御肌だったんですねぇ。

 今作は全体的にどこかで聞いたような筋のお話でした。
 かと言ってつまらない訳ではなく、櫛木風味にきちんと料理されている感じがしました。


 こよみちゃんへの片思いは、相変わらずです。
 しかも今回はお邪魔虫が…。とは言え、こよみへの直接のちょっかいではないので一安心?ですw
 この先、二人はどうなるんでしょうかね? 作品内時間であと4か月ほどで話は終わりそうですが。

 一つだけ難点をあげるとすれば、この夏まっさかりにクリスマス時期のものを出すのはいかがかと思いました。
 せめて近い季節で止めてくださいw

 ホラー小説としては軽い、どちらかと言えばライトノベルのような作品で、恋愛要素も強いですが、一読をお勧めします。
 時間の無駄にはならないと思いますよ。

七瀬晶『こころ 不思議な転校生』 (角川文庫)

こころ 不思議な転校生 (角川文庫)こころ 不思議な転校生 (角川文庫)
(2014/07/25)
七瀬 晶

商品詳細を見る


 先日発売された文庫新刊です。
 初めての作者さんです。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 「私に話しかけないでください、友達を作るつもりはありません」。
 転校初日にそう宣言した転校生、昭島こころ(あきしまこころ)。その宣言通り、周囲のクラスメイトと溶け込もうとしない。
 一方周囲に会わせることで立ち位置を確保してきた、双葉絆(ふたばきずな)。絆は、孤高とも言えるこころの態度に興味を持つようになる。
 しかし、こころと触れあうようになってから絆の周りでは奇妙な出来事が起こるようになる。辿りつけない家、何も書かれていない白紙の本、遠足での事件。美少女転校生、昭島こころとはいったい何者なのか!?

感想
 「学校」、「ミステリー」という要素に惹かれて購入。
 現実の学校は別に好きではないのですが、物語の中での学校は魅力的で好きです。ミステリーがあればなおさらw


 さて、肝心の本作の感想ですが、面白さを特に感じれらませんでした。
 というのも、どうも『ねらわれた学園』の現代版のように感じられて仕方なかったです。なので、同じような筋立てのお話を見させられているような感じが最後まで拭いきれませんでした。

 ネタバレになってしまうので、細部は省きますが、中盤までは面白かったんです。こころちゃんが友達を作らない訳が明かされるぐらいまでは。
 でもそれ以降が…。「その背景設定、必要?」と言わずにはいられない。

 友達や身近な人間を遠ざけている理由は、いいんです。でも、どうしてそうなったのかに関する説明が…。
 とってつけた感がすごかったです。
 それが無ければ、まだ別の感想を持ったと思います。

 でも絆とこころの繋がり、友情の部分では素敵なお話だと思いました。
 「絆」と「こころ」って、結構あざとい名前ですねw

 余計な背景の部分さえなければ、青春小説として面白いものだと思います。
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR