恩田陸 『球形の季節』 (新潮文庫)

球形の季節 (新潮文庫)球形の季節 (新潮文庫)
(1999/01/28)
恩田 陸

商品詳細を見る


 恩田陸さんの昔の作品。
 ブックオフで見つけて、ついでに安かったので購入。100円でした。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 東北のある街で、奇妙な噂が広まった。「5月17日、一校の校庭に宇宙人が来て、エンドウという生徒が殺される」。
 出所不明で、細部は違うが類似した噂がある時突然広まった。
 市内に4校ある高校の有志で結成されている合同研究会、「地歴研」のメンバーは噂の出所を調査することにした。しかし調査半ばで、噂通り「エンドウ」という名の女子生徒が姿を消す。しかもまた新しいうわさが流れる自体に。
 街中では金平糖を蒔くおまじないが流行し、新たな噂も流れだす。今、平凡でありふれた日常が何かに浸食されつつあった。

感想
 「学園ホラー」と紹介されていましたが、学園は舞台の中心ではありませんでしたし、ホラーというより不思議現象でした。 何が言いたいかというと、肩透かしを食らった感じです。
 決して面白くない訳ではないですが、期待していた物とは似て非なるものでした。『六番目の小夜子』のようなものを期待してたのです。まぁ、小夜子も本当の意味でのホラーではないですが(^_^;)

 解説の方は「現実感」に注目して解説されてますね。
 日常を一つめくったすぐそこにある非日常。それがこの作品のキモだって。
 まぁ、それって普通ですよね。ホラーに限らず、ふとした時に気付く違和感、非現実感が物語になるんだと思います。

 でも『小夜子』と違い、今作ではその非現実感が超常現象に結び付けられているせいで、現実が遠のき過ぎていて怖さが薄い気がします。
 『Another』も超常現象が関わっていますが、綾辻さんが上手なために「現実味を持った怖さ」というものがあってホラーとしても面白いものになっていたと思います。
 その点、本作は恩田さんの初期作品ということもあってかイマイチだった気がします。


 ホラーやミステリーとして読むのではなく、青春もの、学園ものとして読めば楽しめるのではないでしょうか?
スポンサーサイト

櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜』 (角川ホラー文庫)

ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)
(2014/07/25)
櫛木 理宇

商品詳細を見る


 櫛木さんの『ホーンテッドキャンパス』の続巻来ました。
 
評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 時期はクリスマス目前。
 ザ・草食系男子、森司(しんじ)の前に中学時代の親友が現れる。が、そいつ(男)は森司のこよみへの片思いを妨害し始める。
 森司は、周囲の応援もあり、妨害にもめげずにこよみにクリスマスプレゼントを贈るためアルバイトを始める。始めたバイトは、引っ越し業者の手伝い。
 しかしバイトで訪れるのは、いわくつきの建物ばかり。飛び降りし続ける霊の居るマンション、悪霊が集う一軒家。サークルに持ち込まれた相談で訪れた老舗旅館では、晴れた空から帰るや泥が降ってくる。
 姉御、藍も関わったサークル立ち上げの裏話も収録。

感想
 やっぱり櫛木さんはこっちのシリーズの方がおもしろいですね。
 シリーズ6巻目になる今作も面白かったです。

 個人的には、サークル立ち上げに関するお話が好きでした。
 これまで語られていなかった裏側が明かされてます。藍さんの話、切ないです。でも昔から姉御肌だったんですねぇ。

 今作は全体的にどこかで聞いたような筋のお話でした。
 かと言ってつまらない訳ではなく、櫛木風味にきちんと料理されている感じがしました。


 こよみちゃんへの片思いは、相変わらずです。
 しかも今回はお邪魔虫が…。とは言え、こよみへの直接のちょっかいではないので一安心?ですw
 この先、二人はどうなるんでしょうかね? 作品内時間であと4か月ほどで話は終わりそうですが。

 一つだけ難点をあげるとすれば、この夏まっさかりにクリスマス時期のものを出すのはいかがかと思いました。
 せめて近い季節で止めてくださいw

 ホラー小説としては軽い、どちらかと言えばライトノベルのような作品で、恋愛要素も強いですが、一読をお勧めします。
 時間の無駄にはならないと思いますよ。

七瀬晶『こころ 不思議な転校生』 (角川文庫)

こころ 不思議な転校生 (角川文庫)こころ 不思議な転校生 (角川文庫)
(2014/07/25)
七瀬 晶

商品詳細を見る


 先日発売された文庫新刊です。
 初めての作者さんです。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 「私に話しかけないでください、友達を作るつもりはありません」。
 転校初日にそう宣言した転校生、昭島こころ(あきしまこころ)。その宣言通り、周囲のクラスメイトと溶け込もうとしない。
 一方周囲に会わせることで立ち位置を確保してきた、双葉絆(ふたばきずな)。絆は、孤高とも言えるこころの態度に興味を持つようになる。
 しかし、こころと触れあうようになってから絆の周りでは奇妙な出来事が起こるようになる。辿りつけない家、何も書かれていない白紙の本、遠足での事件。美少女転校生、昭島こころとはいったい何者なのか!?

感想
 「学校」、「ミステリー」という要素に惹かれて購入。
 現実の学校は別に好きではないのですが、物語の中での学校は魅力的で好きです。ミステリーがあればなおさらw


 さて、肝心の本作の感想ですが、面白さを特に感じれらませんでした。
 というのも、どうも『ねらわれた学園』の現代版のように感じられて仕方なかったです。なので、同じような筋立てのお話を見させられているような感じが最後まで拭いきれませんでした。

 ネタバレになってしまうので、細部は省きますが、中盤までは面白かったんです。こころちゃんが友達を作らない訳が明かされるぐらいまでは。
 でもそれ以降が…。「その背景設定、必要?」と言わずにはいられない。

 友達や身近な人間を遠ざけている理由は、いいんです。でも、どうしてそうなったのかに関する説明が…。
 とってつけた感がすごかったです。
 それが無ければ、まだ別の感想を持ったと思います。

 でも絆とこころの繋がり、友情の部分では素敵なお話だと思いました。
 「絆」と「こころ」って、結構あざとい名前ですねw

 余計な背景の部分さえなければ、青春小説として面白いものだと思います。

ヤマザキマリ『プリニウス (1)』 (バンチコミックス45プレミアム)

プリニウス (1) (バンチコミックス45プレミアム)プリニウス (1) (バンチコミックス45プレミアム)
(2014/07/09)
ヤマザキマリ、とり・みき 他

商品詳細を見る


 『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさんによる新作です。
 今度は、『博物誌』で有名な大プリニウスが主人公。

評価(☆5が満点)
☆3.5

感想
 あらすじは、『古代随一の博物学者であり、『博物誌』の著者、プリニウスの一代記』ということいが書きようがなかったので、省略しますw

 また面白そうなテーマを選んだなぁ、と期待の目で見ております。
 『テルマエ』は、最後変な方向に行ってしまったと個人的には思っているので、今作ではぶれることなく最後までいって欲しいですね。
 プリニウスという人物を描き切って欲しいと思います。

 相変わらず、真面目な作品の中にクスリとできるポイントをちりばめていて、面白く読めます。
 プリニウスという人物にそれほど造詣が深くなくとも、十二分に楽しめる作品になっているかと思います。

 個人的にはどうして、人物と背景で作家を分けたのかが謎ですw 原作と絵ではないところが謎。
 二度手間なのでは??

 評価は今後の期待も込めての評価です。

 本作の主人公であるプリニウスの最期については、彼の甥、小プリニウスが記録を残しているのでそちらを見ることで、どんな人物だったかを知ることもできますよ。
 他にも、小プリニウスは属州総督を務めた人物でもあり、同時のローマ帝国の様子を知りたい方にも有用だと思います。また一次資料としても非常に重要なものなので、研究にも使えますw
 ちなみに、この資料は甥である小プリニウスが記述したものですので、プリニウス本人の著作が見たい方は『博物誌』の方を読んでくださいね。

※大・小の呼称は、学術上の要請によるものです。価値判断は含まれていませんのであしからず。
 他には大スキピオ、小スキピオなんかが居ますね。

プリニウス書簡集―ローマ帝国一貴紳の生活と信条 (講談社学術文庫)プリニウス書簡集―ローマ帝国一貴紳の生活と信条 (講談社学術文庫)
(1999/03)
国原 吉之助

商品詳細を見る

佐藤多佳子『黄色い目の魚』 (新潮文庫)

黄色い目の魚 (新潮文庫)黄色い目の魚 (新潮文庫)
(2005/10/28)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る



評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 周囲に溶け込まず、イラストレイターの叔父にだけ心を開いている村田みのり。
 絵を描くのが好きで、絵だけ描ければそれだけでいいと考えている木島悟(きじまさとる)。
 海辺の高校で、同級生としてそんな二人は出会った。美術の時間、みのりをデッサンしてから気が付くと彼女のことを目で追ってしまう悟。それは恋なのだろうか。
 友情でもなく恋愛にも至っていない、名づけられないけれどそこにある真直ぐな思い。16歳というもどかしく切ない季節を描き出す。

感想
 少し山田詠美『ぼくは勉強ができない』を思い出しました。内容は違いますが、同ジャンルですし、海沿いの高校が舞台ですし。

 青春小説としては面白いと思います。
 まぁ、あまりこのジャンルの作品を読んできている訳ではないので断言はできませんが(^_^;)
 
 解説の方が書いていましたが、登場人物は魅力的な人物造形になってます。興味を引かれる人たち、といった方が正確でしょうか。が、そんな奴いねぇと言いたくなるような人物が居るのも確かですが。

 二人の主人公、みのりちゃんと悟くんには、残念ながら管理人は感情移入できませんでした。
 管理人の青春がダメすぎたせいかもしれませんが…orz
 この二人、行動がどこぞの芸人真っ青の破天荒ぶりなもので。

 途中までは面白く読んでいたのですが、後半から突然のように村上春樹臭がしました。
 どうしてだ?
 酒とセックスが出てきたからか…。 作者さんが、「青春だから酒とセックス」のような安易な考えでないことを祈ります。
 個人的にはこうしたガジェットは必要無いと思います。現在そんな高校生、そんなにいないでしょう?


 不器用ながら一生懸命周囲と戦う思春期の二人には、好感が持てました。
 青春してる感じです。
 周囲とは衝突しながらも自己を形成していく。そんな思春期特有の青臭さを感じることができます。

 ただ主人公に感情移入がしにくいせいか、どうしても没頭することができない作品でした。

野村美月 『陸と千星』 (ファミ通文庫)

陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女 (ファミ通文庫)陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女 (ファミ通文庫)
(2014/06/30)
野村美月

商品詳細を見る


 こちらもだいぶ感想が遅くなってしまいました。実際は発売日に買っていたのですが、他の本を読んだりしている内に感想を書くことを忘れていました(^_^;) 今回のupはみんな同じ感じです…。済みません。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 夏休みの間別荘に来ていた千星(ちせ)は、無愛想な新聞配達の少年、陸(りく)と出会った。
 不仲な両親の間で、彼らの離婚話に心を削られていた千星。せめて自分は明るくなければ家族が壊れてしまうと、必死に頑張っていた。
 奔放な母親は家を顧みず、自由気ままに恋人たちの間を彷徨い、生活のためにアルバイトを続ける陸。「絵を描きたい」。その願いも叶えられそうにない。
 そんな二人が出会い、毎朝の新聞配達の度に少しずつ言葉を交わすように。お互いのことは何も知らないけれど、せめて相手だけでも幸せで会って欲しいと願いながら。

感想
 そこそこ面白かったです。
 他のシリーズものと比べての話ですので、決してそこまで面白くないという訳ではありません。

 淡々と話が進んでいった感が強いです。二人の純粋な思いを見ていくお話でした。
 でもどうしてこうした話にしたのでしょうか?

 不幸な二人の出会いと別れ。
 もう少し彼らの葛藤や衝突みたいなものもあっても良かったように思いました。
 恬淡とし過ぎていて、盛り上がりというかカタルシスが足りない気がします。

 次回の新シリーズの続刊には期待してます。

彩坂美月『少女は夏に閉ざされる』 (幻冬舎文庫)

少女は夏に閉ざされる (幻冬舎文庫)少女は夏に閉ざされる (幻冬舎文庫)
(2013/10/10)
彩坂 美月

商品詳細を見る


 感想を書くのを忘れていました(^_^;)
 思い出したので書きますね。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 高校生活の最後の夏休み。
 長期休暇中も帰省せず、学園の寮に残ることを選んだ渡辺七瀬(わたなべななせ)は、「寮に死んだ女子生徒の幽霊が出る」と言う噂を耳にする。
 他方、同じ寮の居残り組、果原日向・美夜子(かはらひなた・みやこ)の双子は、互いに腹に一物を抱えながら出かけていた。しかしその途上、自分たちの学園の教師・神埼が女性を撲殺している現場を目撃する。犯行現場を目撃されたことを知った神埼は、彼女たちを追いつめていく。
 何とか逃げのびた女子寮には、死んだ女子生徒の親友を名乗る「あかり」という女子生徒までが現れて…。
 青春群像ミステリー。

感想
 この作品、ミステリーなのかホラーなのか…?
 スリリングな展開は閉鎖空間でのホラーのようですし、「死んだ女子生徒の幽霊」の正体に迫る部分ではミステリー。
 かと言って素直なミステリーでもない。
 個人的には毛色の変わった青春小説だと思いました。

 本作のもう一つの特徴は、本編の語り手・視点が移り変わっていく点です。
 七瀬、日向・美夜子、あかり。
 この4人の視点を通して、ある夏の日の出来事が描き出されていきます。

 こうした多人数視点は、苦手な人はいるかもしれませんね。何を言ってるのか分かりにくくなって。
 ただ利点もあって、個々の登場人物の心理描写が密になると思います。それによって、物語の奥行きも出るのではないかと。
 それぞれの少女たちの悩み、そう言ったものが丁寧に書かれているとは思いました。その悩みの中身が何であれ。



※※以下若干のネタバレを含みます※※ 

 途中で唐突に発生した地震は、その必要性に疑問を感じました。
 舞台となる女子寮をある種のクローズド・サークルにしたかったのでしょうけど、必要あったのでしょうか。そもそも近所に建て物のない、山奥の孤立した学園の寮ですし…。嵐とか、土砂崩れぐらいで良かったのでは?

 クローズド・サークルそのものにも必要性が薄い気がしました。閉鎖空間内で事件が起こるわけでもなし、むしろ空間外部から殺人者が襲って来てましたし…。


 個人的には、寮の中の不思議な出来事だけで十分だった様な気がします。
 幽霊話の解明に付随した種々の出来事のみで十分だったのではないでしょうか。それだけでも十分面白かったです。
 神埼と地震が余計な付属物のように感じました。

 純粋な学園ミステリー・ホラー路線にして欲しかったです。サバイバル要素は不用でした。

秋★枝 『恋は光 1』 (ヤングジャンプコミックス)

恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/06/19)
秋 枝

商品詳細を見る


 秋★枝さんの新作です。

評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 「恋の光」が見えてしまう大学生、西条(さいじょう)は、恋とは何かを探求する同期の女子学生、東雲(しののめ)さんに恋をした。恋をしていることが見えることで、逆に恋愛に臆病になっている西条。そんな彼と恋を知らない東雲さんの、恋を探すお話。
 恋をしていることが見えるからこそ、切なくて苦しい。新感覚ラブストーリー。

感想
 久々の秋★枝さんの新作です。
 秋★枝さんの作品は、『煩悩寺』からのお付き合いです。馴染みの本屋さんの棚に並んでいるものを、タイトルに惹かれて購入したのが始まりでした。
 が、購入して正解でした。面白かった。ですので、新作はちまちまチェックしてます(同人の方は除くw)。


 今回のお話は、「恋をしていることが見える」お話と言うことで、直近の前作『恋愛視角化現象』と同じ系統です。
 ただし、前作では恋をしている人間には角が生えるというものでしたが、今作では角は生えませんw
 代わりに恋をしている人間(女性)が、光って見えるという特異体質を持つ西条くんのお話です。

 相変わらず、もどかしい恋模様を描くのが上手ですね。ただ思春期真っただ中の恋愛模様ではないので、抑えが効いていて、読みやすいです。恋愛ばかりではなく、一歩引いた視点もあるという感じ。

 交換日記とかはさすがに突っ込みどころですが、まぁ、西条くんと東雲さんの奥手感、初心さが滲み出ていて面白い道具ですけどね。


 これまでの作品と違うのは、何やら三角関係どころか四角関係になりそうなところですね。
 『煩悩寺』では、一組のバカっプルを通した大人の恋愛模様を。
 『恋愛視角化現象』では、短編集のように多数の男女の恋模様を描いてはいても一組づつの男女の恋愛模様でした。
 それから考えると、秋★枝さんの新境地かもしれません。

 てか西条、「すぐ近くを見てやれよ」と言いたくなります。
 がんばれ北城さん。個人的にはメインヒロインらしい東雲さんよりも好きですw

 秋☆枝さんの新境地という点でもこの先が気になる作品です。
 『ヤングジャンプ』で連載しているそうなので、そちらで読んでみてもいいかもしれません。
 『煩悩寺』、アニメ化しないかなぁ…。無理か。エロイカ。

煩悩寺 コミック 全3巻 完結セット (MFコミックス フラッパーシリーズ)煩悩寺 コミック 全3巻 完結セット (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2013/01/05)
秋★枝

商品詳細を見る


恋愛視角化現象 上 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)恋愛視角化現象 上 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
(2012/09/19)
秋★枝

商品詳細を見る

こちら『恋愛視角化現象』は、下巻もあります。

ハセガワケイスケ『電子魔法使いのトロニカ。』 (電撃文庫)

電子魔法使いのトロニカ。 (電撃文庫)電子魔法使いのトロニカ。 (電撃文庫)
(2014/07/10)
ハセガワケイスケ

商品詳細を見る


 なんとなく購入したラノベです…orz

評価(☆5が満点)
☆1.5

あらすじ
 魔法高校に通う少女、ニカ・フェアリアナイト。彼女は学内で落ちこぼれとして有名。あだ名は「トロニカ」(とろいニカ)。
 そんなニカが、学内のエリート学生の二人、ユリアとリドとチームを組み、魔法演習に臨むことに。
 ただ、ニカにはとんでもない弱点が。なんと、一般的な魔法を使うことが出来ないのだ。それどころか、道具を触れば壊してしまう有様で…。
 魔法が使えない魔法少女のスクールライフ、開幕。

感想
 絵が上手でした。
 と言うか、個人的にはそこしか褒めるところが見当たりませんでした。

 文章が微妙です。 
 少なくとも管理人には合いませんでした。読んでいてイライラ。
 あっちに行ったりこっちに行ったり、あまりまとまっていない印象でした。
 「ダメだこれ」と思った文書は、「ギークでナードな雰囲気」と言う文章を見たときでした。

 とあるキャラクターの造詣が、キモチワルイ。
 年寄りキャラのくせに変に若作りした言動とか、止めて欲しいですね。
 「アチキ」とか、友人を「メルメル」と呼ぶとか……。

 お話は、『魔法科高校の劣等生』を下敷きに、『ストライクウィッチーズ』などの諸要素を色々混ぜた雑多なものでした。
 作者さんが何を思ってこの話を書かれたのかが分からない作品です。
 
 とりあえず書いた、書けと言われたので書いた。そんなヤッツケ感すら感じられます。売れ筋作品の諸要素を混ぜとけばいいやと言う声が聞こえてきそうなほどでした。

 劣等生の妹と優等生の兄。兄はシスコン、妹はブラコン。
 魔法はデバイスを介して発生し、「電子魔法」と言われている。
 主人公のニコは、魔法を消去してしまう特殊体質。
 魔法を使うと獣耳が生える。

 こんなところですが、どうでしょうか?
 あ、あと特に盛り上がりも無く終わります。芯の通った作品ではない、寄せ集め感が半端ない作品。

 お金がもったいない気がした、久しぶりの作品でした。
 一番驚いたのは、この作者さんがこれがデビュー作品ではないことでした。
 購入を考えている方は、止められた方が無難かもしれません。
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR