浦賀和弘 『記憶の果て(上)』 (講談社文庫)

記憶の果て(上) (講談社文庫)記憶の果て(上) (講談社文庫)
(2014/03/14)
浦賀 和宏

商品詳細を見る

記憶の果て(下) (講談社文庫)記憶の果て(下) (講談社文庫)
(2014/03/14)
浦賀 和宏

商品詳細を見る


 ブログ記事上のジャンル分類を「ミステリー」にしましたが、この作品は単純にジャンル分け出来ない作品でした。
 ミステリーでもあり、SFでもあり、青春小説でもある。
 不思議な読後感をくれた作品です。
 ちなみにこの作者さんの作品はこれが初めてです。

評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 高校を卒業し、大学入学を待つだけとなっていた安藤直樹(あんどうなおき)。
 ある日突然、彼の父親が死んだ。自殺だった。突然の父の死を受け入れられない直樹は、父の部屋にある真っ黒いパソコンを立ち上げた。そのディスプレイに現れたのは「裕子」(ゆうこ)と名乗る女性だった。彼女と次第に心を通わせていく直樹。
 しかし「裕子」の人格はプログラムなのではないかという疑いが次第に芽生える。「裕子」は何者なのか。彼女の正体を追っていくうちに、次第に明らかになっていく直樹自身の衝撃の出自。
 謎が謎を呼ぶ、「私」を巡る錯綜したミステリの幕が上がる。

感想
 第五回メフィスト賞受賞作とのことでした。
 以前出版されていた物の復刊。

 作品としては、始めに書いたように姿を掴ませない雲のような作品でした。
 かと言って、形作ることにすら失敗したダメ作品ではなく、諸要素が入り混じった、だけれども何かに結晶していない作品です。

 帯に「青春ミステリ」、「SF]、「青春小説」と様々な言葉で紹介されているのも納得です。どれか一つではなく、それらすべてがこの小説の形を成しているので。
 個人的には、青春小説というのが最もこの作品の性格を表しているのではないかと思います。

 青春時代、思春期の「自分とは何者か」を巡る、アイデンティティ形成を巡る様々な葛藤を、SFの要素、ミステリーの要素を用いて描き出したのではないかと。
 「自分とは何者か」って、言ってみれば永遠に解答を得ることができない最大の謎の一つと言えませんか?
 死ぬ時になってわかったり、死後他者から評価されたりするものですしね。

 こんな感じで書くと、高尚な作品か、痛い作品か、難解な作品のように思われるかもしれませんが、そんなことはまったく無く、読みやすい作品でした。
 難解な言葉を使うことは決してなく、平易な文章で作品は綴られていきます。
 
 一方で世にたくさんある青春小説のどれとも違う作品です。ミステリ仕立てでの自己の探索や、AI(人工知能Artificial Intelligence)がそこに関わって来るなど、物語の大枠を彩る道具が作品にた作品とは異なる魅力を作品に与えています。
 SFでAIが登場するとは言え、映画『A.I.』のような展開にならなくて良かったです。自己探索の結果が、あんなオチにならずによかったです。

 下巻の帯にある「タイトルの本当の意味に全身鳥肌」とあるのはオーバーな気がします(^_^;) 
 安藤シリーズは他にもある(7冊ある)ということなので、シリーズの他の刊も再刊してくれるとうれしいですね。


 もう一点、本書は『時の鳥籠 上・下』という作品とストーリー上、対をなしていますので、『時の鳥籠』を読む前にこちらを読まれることを強くおススメします。

 『時の鳥籠』は、本作と対をなす作品ですが、SFの要素とミステリーの要素が全面に強く打ち出されています。他方で青春小説の要素は遠景に退いています。
 こちらの主人公は、『記憶の果て』の主人公、安藤直樹が恋する相手、朝倉幸恵(あさくらさちえ)です。
 突然過去に飛ばされる、不思議な指示を受けるなど、厨二病をくすぐらせる要素がありますw とは言え、中身はライトノベルのようなものではなく、しっかりした青春ミステリー作品ですのでご安心を。
 また『記憶の果て』を補う作品でもあるので、『記憶の果て』を読み終えた後は『時の鳥籠』も読むことをおススメします。
という、両者は互いに相補的な性格の作品ですので、両者を読むことで一つの大きな物語を読み終えることができると思います。

時の鳥籠(上) (講談社文庫)時の鳥籠(上) (講談社文庫)
(2014/05/15)
浦賀 和宏

商品詳細を見る

時の鳥籠(下) (講談社文庫)時の鳥籠(下) (講談社文庫)
(2014/05/15)
浦賀 和宏

商品詳細を見る
スポンサーサイト

大森藤ノ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5』 (GA文庫)

【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5  書き下ろしSS付き4Pリーフレット付き (GA文庫)【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5 書き下ろしSS付き4Pリーフレット付き (GA文庫)
(2014/05/15)
大森 藤ノ

商品詳細を見る


※※ライトノベルです※※

評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ(5巻)
 新しい仲間、鍛冶師のヴェルフを加えて、いよいよベルたちはダンジョン中層へと踏み出す。上層とは異なるモンスターたちの動きに、ベル、リリ、ヴェルフの三人は力を合わせて対応していく。息も合い始め、なんとかダンジョンの深部にも進めそうだと思ったその時、他パーティーによってモンスターの集団を擦り付けられてしまう。
 一転して窮地に陥り、魔物の巣窟であるダンジョン内で孤立してしまう。退くに引けない中、ベル達が下した決断は。
 一方、地上ではベルが予定時刻になってもホームに帰還しないことで不安になったベルの契約神ヘスティアが情報を集めて回っていた。ベル達がダンジョン内で孤立しているという情報を得たヘスティアは、旧知の神たちの協力も得て、ベル救出のためダンジョン内に突入する。
 
感想
 今回も安定の面白さでした。
 作品としては地底ダンジョン攻略をしている冒険者視点の物語ですので、RPGゲームが好きな方にはおススメの作品です。
 他にも『冒険』という言葉にピンときた方にもおススメです。

 魔法やモンスターが登場する異世界ファンタジーものとしては、他の同ジャンルの作品群とは異なり、ダンジョン攻略に主眼を据えた珍しいタイプのライトノベル作品です。
 他方、主人公のベル・クラネルの成長を見守っていくロードノベルの性質も持つ作品になります。
 ダンジョンをめぐって知り合う仲間、敵、友人。それらの人々との出会いを通じてベルくんがどの様に成長していくのかも見所です。


 神、スキル、魔法、モンスター、ダンジョン。
 こうした厨二心が刺激されるものが、これでもかと詰め込まれています。
 あと、タイトルにもあるように主人公のベルくんの恋(?)の行方も描かれていて、盛りだくさんです。
 アイズさんがだんだんデレ始めた気がするので、今後の展開に期待。
 頑張れ巨乳ロリ神、ヘスティア!w ライバルはたくさんいるぞ。

 上記の諸要素が詰め込まれているにもかかわらず、物語の展開などに無理がなく、綺麗にきちんとまとめられているという印象です。ごちゃごちゃしていません。
 テンポも悪くなく、スイスイ進んでいきます。
 話もRPGのような「お使い」要素はほとんどなく、ダンジョンに潜って自分を鍛えて、さらに深層に潜ることを目指す、ストイックな性格の主人公なので、「お使い要素」が嫌いな方でも大丈夫だと思います。

 またモンスターとの戦闘シーンの描写なども迫力があり、読ませてくれます。
 何をしているのか分からない戦闘シーンに陥ってはいないので、安心です。戦闘が売りの一つなのに戦闘シーンが何しているのかが分からない、とある作品よりも格段にわかりやすいですw


 唯一の難点として挙げるなら、巻毎の展開が似たり寄ったりになっていることでしょうか。
 ジャンプ系のストーリー展開と言ってもいいかもしれません。

 修行する⇒強くなる⇒さらに強いヤツが出る⇒死力を尽くして倒す⇒さらに強いヤツの登場⇒(以下無限ループw)

 こうした、冒険ものによくある展開が繰り返されます。

 とは言え、一巻の中で繰り返される訳ではないので、そこまで気になる目に付き方はしません。
 もちろんRPGや冒険ものと同じ手法を採って描かれている以上避けられないものではあるでしょうし。さらに言えば、深部に行くほど強力なモンスターが登場するという設定上、上記のパターンに陥ることは避けられないものでしょうしね。
 ですので、先には「難点」と書きましたが、難点とも呼べないようなものですので気にしなくてもいいかと思います。


 あと、ヤスダスズヒトさんの絵がいい感じにエロ可愛いですw
 『デュラララ』の表紙絵・挿絵、『夜桜カルテット』などで有名ですね。

 また外伝として、絵師にはいむらきよたかさんを迎えたスピンオフ作品も出版されています。こちらも作者さんは同じですが、ベルくんの憧れの相手、アイズ・ヴァレシュタインを主人公に据えた作品です。
 来月にはこのスピンオフ作品の第二弾も出版されるのでこちらもチェックですね。

【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2 書き下ろしSS付き4Pリーフレット付き (GA文庫)【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2 書き下ろしSS付き4Pリーフレット付き (GA文庫)
(2014/06/13)
大森 藤ノ

商品詳細を見る


原作第一巻です。
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)
(2013/01/16)
大森 藤ノ

商品詳細を見る
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR