乾くるみ 『イニシエーション・ラブ』 (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04/10)
乾 くるみ

商品詳細を見る


 乾くるみさんの『イニシエーション・ラブ』です。積ん読状態だったのですが、持っていることを思い出して読みましたw
 乾さんの作品は、『蒼林堂書店』、『Jの神話』、『リピート』以来です。
 あ、本作のジャンルですが、タブでは「ミステリー」にしましたが、恋愛小説でもあります。


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 大学の友人に急に代打で呼び出された合コンの席で、鈴木夕樹(すずきゆうき)は成岡繭子(なるおかまゆこ)と出会う。鈴木はマユ(繭子)のことが最初から気になっていたものの、声を掛けることができずにいた。
 しかし後に再会できた時にマユの方から鈴木に声を掛けてきて、やがて二人は付き合うことに。大学生になって初めてできた彼女との、甘美でほろ苦い恋愛模様を描いた恋愛小説。

 と思いきや、最後から二行目のどんでん返しによって話が180°変貌する。二度読み必至の恋愛ミステリー。


感想
 「二度読み必至」、「だまされる」などの煽り文句が並んでいたので、騙されまい、二度読みすまいと読んでいたのですが、まんまと読み返しをさせられましたw

 とは言え、作品自体はまっとうな恋愛小説ですので、「ミステリーは苦手」な方にも十分楽しめます。反対にミステリーは好きだけれど、甘ったるい恋愛小説はちょっとという方には厳しいかもしれません。
 ただ作品全体に張り巡らされた、巧緻な伏線、仕掛け、ガジェットの数々には、感心させられます。解説の方が丁寧に解説されていますので、それを見ると一層、乾さんの施した仕掛けの丁寧さに驚かされます。 
 
 まぁ細かすぎて伝わらないメッセージが多数あったのも事実ですが…。
 難点はあれども、楽しめる名作だと思います。
 ただ、あまり帯の煽り文句に期待しているとアレかも知れませんので、その辺は自己責任でどうぞ。

 もう少しストーリーなどを書こうかと思いましたが、トリックに触れてしまいそうなので自重します(^_^;)
 この作品の面白さの半分ほどを占めているものなので、そこを先にばらしてしまうと面白さ半減です。ただのよくある恋愛小説に堕してしまいます。
 ですので、本書を読まれる際には絶対に最後のシーンから読まないでください!


 ちなみに管理人は男ですので、本書を読んだ後の感想は「怖~」でしたw 何が怖いかは読んでからのお楽しみです。
 女性が読んだら違う感想を持たれるのではないでしょうか?「女子力アップ」とか書いてある帯の場合もありましたしw
 これだけ性別によって感想が分れる作品も珍しいかもしれません。この部分に本書の特徴が詰め込まれているとも言えますね。

 あ、最後に。本作にも『Jの神話』程ではありませんが直接的なセックス描写がありますので苦手な方はご注意を。

 続編となる『セカンド・ラブ』は読書中です。

セカンド・ラブ (文春文庫)セカンド・ラブ (文春文庫)
(2012/05/10)
乾 くるみ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

三浦しをん『神去なあなあ日常』 (徳間文庫)

神去なあなあ日常 (徳間文庫)神去なあなあ日常 (徳間文庫)
(2012/09/07)
三浦しをん

商品詳細を見る


 三浦しをんさんの『神去なあなあ日常』です。
 昨日5月10日から実写映画『Wood Job』として公開されていますね。

評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 平野勇気、18歳、高校3年生。間近に迫った高校を卒業したらフリーターで食べていこうかと考えている、どこにでもいそうな普通の高校生。
 しかし卒業式の日、担任に何故だら就職先として三重県での林業の現場を薦められ、というか就職を決められ、あれよあれよという間に勤務地である三重県の山奥に連れて行かれることに。連れていかれた神去村は、携帯も通じない山奥の小さな山村だった。
 自然豊かな山村でまきおこる、新人林業社員と個性豊かな人々が繰り広げる騒動記。

感想
 実は管理人、三浦しをんさんの作品はこれが初めてです。『舟を編む』も実は未読だったりします(^_^;)
 そんな初美浦さん作品でしたが、非常に楽しめました。
 林業をテーマにした職業小説でしたが、エンターテイメント性があり、小説として十二分に面白い作品でした。もちろん林業を知らずとも楽しめますよ~。
 
 もちろん職業小説ですので、「林業」という職業についても詳しくなれます。林業の現場の過酷さや、必要性、やりがいなどを知ることができます。もちろん理想ばかりではなく、安価な海外産材木に押されて衰退傾向にある日本林業の現状なども書かれています。
 緻密な職業描写に、三浦さんの丁寧な取材の跡をうかがうことができます。

 舞台となる「神去村(かむさりむら)」は、「なあなあ」精神が息づいたのんびりした村ですが、謎もたくさん。ちなみに「なあなあ」は、村の言葉で「ゆっくり行こう」とかいう意味の言葉ということになっています。沖縄の「なんくるないさ」みたいなものでしょうか。

 そして主人公の勇気が務めることになる、「中村林業株式会社」の面々も個性的です。
 社長であり、村の総代でもある中村精一(なかむらせいいち)。30代と若いのに重圧をものともしない人。
 社長の幼馴染でもあり、野生児、飯田与喜(いいだよき)。林業をするために生まれてきたような男。
 田辺巌(たなべいわお)、子どもの頃神隠しにあったというおじさん。
 小山三郎(こやまさぶろう)、74歳なのに現役の山師。

 主人公の勇気くんですが、最初は横浜出身という都会っ子らしく田舎である神去村を疎んじ、村の行事などを時代錯誤の非合理的なものとしてバカにしたりしています。
 本作は職業小説であるとともに、この勇気くんの成長小説でもあると言えます。
 林業という職業を通して自然に、村の人々に触れ、関わっていく中でどのような変化が勇気くんの中に起こっていくのかも楽しみの一つです。

 もう一つ、勇気くんと直紀さんとの恋模様も気になるところですw
 直紀さん、いわゆるクーデレ(クールだけど、デレると可愛い)人間なので、頑張って欲しいです。本作の続編となる、『神去なあなあ夜話』では多少の進展が見られますので、このまま頑張って欲しいものです。
 さらなる続編が見られるのかは分かりませんが、期待してます。


 彼らこの作品の登場人物を通して、自然と人間の関わり方、あり方みたいなものをもう一度立ち止まって考えてみるのもいいかもしれません。
 もちろん今ある生活、文明を棄てて自然に回帰しろなんてことは、言いませんし三浦さんも言わないでしょう。
 ですが、急がずに「なあなあ」の精神で立ち止まって考えることは有益かと思います。


 話は変わりますが、実写映画『Wood Job』の方も気になりますね。面白いといいですが、時間とお金に余裕があれば見に行こうかな。

神去なあなあ夜話神去なあなあ夜話
(2012/11/28)
三浦 しをん

商品詳細を見る
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR