末次由紀 『ちはやふる(24)』 (Be・Loveコミックス)

ちはやふる(24) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(24) (Be・Loveコミックス)
(2014/04/11)
末次 由紀

商品詳細を見る


 末次由紀さんの『ちはやふる』の感想です。

 評価(☆5が満点)
 ☆3.5


 あらすじ
 かるたの最高峰、名人戦・クィーン戦開幕。
 念願の名人位への挑戦権を手にしたちはやの師匠、原田先生。ついに原田先生の名人位への挑戦が始まる。
 一方、現クィーン若宮志暢(わかみやしのぶ)にも挑戦者である元クィーン猪熊遥の挑戦が。

 盤石かと思われた現名人周防久志、クィーン若宮志暢の防衛。
 しかし勝負の行方は予想外の方向へ進み出し…。


 感想
 はじまりましたね、名人・クィーン戦。
 熱い原田先生の熱いかるたが見られますw 挑戦者決定戦での原田先生の戦いは、白熱しましたね。新くんにも買って欲しいし、原田先生に勝って欲しい。そんな名勝負が展開されてました。
 もう一方のクィーン戦の方も、挑戦者はちはやちゃんと戦ったこともある元クィーンの猪熊さんということもあって、どちらを応援して良いやら。

 ただ今回は現名人である周防さんが、謎の行動を見せております。
 やる気があるのかないのかわからない。試合を悪戯に伸ばそうとしているかのような振る舞いを見せる。さらには試合の合間に頻繁に電話連絡をする。こうした不審な行動が目につきます。
 
 誰かのために頑張る人たちの熱い戦いを見ることが今回もできます。
 少女漫画とは思えない、少年漫画のような熱い展開が楽しめます(笑)少女漫画だと思って敬遠していた方々にも是非読んでもらいたい作品です。
 恋愛要素:熱血が2:8ぐらいの割合ですので、べたべたした恋愛模様が苦手な人にもおススメです。

 かるたや百人一首の知識がなくても十二分に楽しめるよう計算されてお話が作られていますので、管理人のようなこの分野の知識がない人間にも楽しめます。一巻から読めば十分、かるたに関しての知識も身に付きます。

 あと本編とは関係ありませんが、巻末の4コマ漫画も毎回楽しませてくれます。
 こうしたちょっとしたお遊び要素も少年漫画チックです。
スポンサーサイト

青山剛昌 『名探偵コナン 83』 と劇場版感想

名探偵コナン 83 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 83 (少年サンデーコミックス)
(2014/04/18)
青山 剛昌

商品詳細を見る


 今回は、『名探偵コナン』最新刊と新劇場版の紹介です。

 評価(☆5が満点)
 ☆3(原作漫画83巻)
 ☆4(劇場版『異次元の狙撃主』)

 83巻のあらすじ
 83巻に収録されている話は次の通り。
 ・「赤女 解決編」
 ・「恋愛小説家編」
 ・「麻薬取引編」
 ・「水色の想い出 (過去)」
 以上の4編になっています。最初の「赤女編」は、前巻の82巻からの続きで、今回で解決しています。「恋愛小説家編」、「麻薬取引編」は短編です。「水色の想い出編」は事件が発生した段階で終わり、次巻に続いています。


 感想
 今回は、世良さんが活躍していたので個人的にはよかったですね。
 「赤女」でのお風呂場でのトリックは、少々無理があるのではないかと思いますが(^_^;) 死体の隠し方とか、唐突な想定外の人物の登場とか…。
 「恋愛小説家」は、作中作のトリックが個人的には綺麗で好きです。後味が悪い系。
 「麻薬取引」は、普通です。服部が出てきたので期待しましたが、彼らのイチャツキぶりを見る回でした。
 「水色の想い出」は感想なしです。


 劇場版『異次元の狙撃主』感想
 先日(4/19土)に公開された劇場版を見てきました。公開初日に劇場に行くという熱心さ(笑)
 世良さんの劇場版初登場作でした。
 先にも書きましたが、個人的には世良さんが好きなので活躍してくれているとうれしいのです。ですが、劇場版では途中退場となってしまい残念でした(T口T)
 
 ストーリーとしては、シンプルで無理のない話の展開でしたかね。トンデモ展開も少なかったです。
 一軒の狙撃事件を皮切りに、日米をまたにかけた事件の連鎖が始まります。
 この事件は復讐なのか、無差別殺人なのか…。
 犯人が現場に残していくダイスの意味とは。
 謎が謎を呼ぶ展開で、二時間程の長丁場も飽きずに楽しめました。
 話の内容も難しすぎず、子どもも大人も楽しめるものになっているかと思います。
 
 

 ※※以下多少のネタバレを含みます※※
 よろしいでしょうか?

 トリックに関係する部分ですが、二次元のものを三次元で把握することが重要になります。が、この点を持って「異次元」と言われても納得が難しいです。
 個人的には、不可能な射撃を実行するから「異次元」なのかと思っていましたので。例えば、狙撃不可能地点からの狙撃を成功させる犯人とか。

 あとは原作でも明言されていなかった「あの人」に関する情報が明らかになります!!
 よくよく確認してみると、それぞれの登場に矛盾するところがないことに驚きと感心します。青山剛昌スゲーw
 誰の何のことなのかは、劇場にて確認してください。

 『異次元の狙撃主』おもしろかったです。
 今週末は原作漫画と劇場版、金曜ロードショウとコナン尽くしでしたね。
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR