周木律 『眼球堂の殺人 ~The Book~』 (講談社ノベルス)

眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社ノベルス)眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社ノベルス)
(2013/04/04)
周木 律

商品詳細を見る


 今回の紹介は、周木律さんの『眼球堂の殺人』です。第47回『メフィスト』賞受賞作。
 この本、別な本を探しに立ち寄った書店でたまたま出会った本だったりします。オビの森博嗣さんの推薦文に惹かれてかった本です(^_^;) 
 管理人、森博嗣さんの作品が好きなのです。おススメはすべてがFになる THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)です。というか「SMシリーズ」が好きです。
 とまぁ、オビに惹かれてかった本ですが、面白かったので紹介を。


 あらすじ
 天才建築家である驫木煬(とどろきよう)は、自身の設計した「眼球堂」に各界の天才と呼ばれる人々を招待する。その中に「放浪の数学者」十和田只人(とわだただひと)も含まれていた。そして彼を追うルポライター陸奥藍子(むつあいこ)、彼らを待っていたのは奇妙な建築と「建築こそが至高」と公言する狂気に憑かれた驫木だった。
 驫木と招待客の間に不穏な空気が流れる中、驫木の変死体が発見される。しかしそれは、この奇妙な館「眼球堂」で起こる惨劇の始まりに過ぎなかった…。

 評価
 ☆4

 感想
 本書の帯には森さんのコメントとして「懐かしく思い出した。本格ミステリの潔さを」とありますが、潔さを感じましたw奇想天外すぎたり、ご都合主義的だったりすることはなく、素直な推理小説だと思いました。

 ミステリーの系統としては、綾辻行人さんの「館シリーズ」に通じるものがありました。トリックに関わることでもあるのであまり触れませんが、オビコメントをした森さんよりも綾辻さんの方に近いと思いました。
 森さんとの近しさで言うと、主人公十和田只人が数学者であることでしょうか。いわゆる「理系ミステリー」の系統でしょうか。もう一点上げると、著者周木律さんが「某国立大学建築学科卒業」(本書掲載情報)であり、森さんも建築学科の准教授だと言うことでしょうか…。もしかしたら師弟関係だったりするのかもしれませんね。

 トリックなどにも無理がなく、理詰めで到達できる結論になっていたと思います。が、事件の犠牲者が淡々と亡くなっているような印象を受けました。本書のトリックなどにより仕方のない面もありますが、あっさりしすぎな気がしました。
 ただ本書の面白さを損なうほどのものではありませんので、そこまで気にする必要もないかと思います。
 先にも触れましたが、本書は綾辻行人さんの「館シリーズ」と似ているので、綾辻さんの作品がお好きな人には一読をお勧めします。

 また本書には数学の話も当然出てきますが、話の本筋・本質にはからんできませんので安心して読んでください。実際文系人間の管理人も無理なく読めました(>_<)
 どちらかというと続編の『双孔堂の殺人』(講談社ノベルズ)の方が、数学用語が出てきます。
 管理人は文系人間なので、理系の話は真新しくその点でも興味深く読むことができました。同じく理系ミステリーとしては、喜多喜久さんの作品も好きですね。『ラブケミストリー』、『猫色ケミストリー』、『リプレイ2.14』など。
 
 只今続編の『双孔堂の殺人』を読書中ですが、三作目の『五覚堂の殺人』も楽しみです。


双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社ノベルス)双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社ノベルス)
(2013/08/07)
周木 律

商品詳細を見る


五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社ノベルス)五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社ノベルス)
(2014/02/06)
周木 律

商品詳細を見る

スポンサーサイト
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR