鴨志田一 『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』(電撃文庫)

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)
(2014/04/10)
鴨志田一

商品詳細を見る


 ラノベです。苦手な方はページをそっ閉じでどうぞ。

 あらすじ
 江ノ電沿線にある高校に通う主人公、梓川咲太はある日立ち寄った図書館でバニーガールに遭遇する。しかもそのバニーガールは自分の高校の有名人の先輩、桜島麻衣だった。
 咲太が麻衣に話を聞くと、麻衣の姿が数日前から周囲の人間に認識されなくなってきたおり、それを確認するために目立つ格好をしていたとのこと。
 その現象に心当たりがあった咲太は麻衣とともに原因を突き止めることに。しかしそんな二人にさらなる困難が降りかかる。


 鴨志田さんの新シリーズだそうです。前作は『さくら荘のペットな彼女』1~10巻。
 前作は途中でやめたのですが、面白そうなお話なので今作を買ってみました。

 いやぁ、予想が外れることがなくてよかったです。
 素直に面白かったです。決してバニーガールに惹かれた訳ではありません(^_^;)
 お話的にはよくあるボーイミーツガールものです。ただし出会い方があらすじに書いたように突拍子もないものですが。
 
 主人公咲太は、過去の事情などから人間不信のひねくれ者。
 ヒロイン麻衣は、元売れっ子芸能人ですこしスレた性格。

 この二人が『麻衣の姿が周囲の人間に認識されなく現象』を追って行くうちに心を通わせていく過程を楽しむ作品です。お互いに素直ではないので、最初の内はすれ違いというか互いを見ているようで見ていない感じです。ニヤニヤできます(^-^)
 
 『麻衣の姿が周囲の人間に認識されなく現象』ですが、作中で理由などが明確にされません。が、謎は謎のままで楽しめる仕上がりでした。作中では「思春期症候群」という都市伝説的な噂と関係があることが匂わされています。
 この都市伝説との関わりがどうなるかによって、今後の作品の面白さが左右されそうですが今作では上手くいっているのではないでしょうか。オカルティックな方向に傾斜するのでもなく、かと言って単なるうわさとして放置している訳でもなく、物語を彩る要素として上手くマッチしていると思います。

 前作『さくら荘~』とは異なりラブコメの要素は多くはありません。が、テンポはよく飽きずに読めます。
 でも「リア充爆発しろ」と言いたくなるような展開ですので、苦手な方は注意を。
 主人公は友達が少ないですが、「青春ブタ野郎」ですのでw
 
 次巻も出るようですので、今回あまり掘り下げられなかった他のキャラたちの活躍にも期待するところです。
 個人的には鴨志田さんの前作よりも好きでした。
 
 今後の展開に期待しつつの、☆4.5です。
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR