岡崎琢磨 『珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは』

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2014/03/24)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る



 今日は岡崎琢磨さんの『珈琲店タレーランの事件簿』です。
 本作は『このミス』大賞2012年度の隠し玉ということで発売された作品の三作目にあたります。
 前二作が連作短編集のような形で話が進んでいましたが、今作は長編です。
 ミステリ作品なので、出来るだけ核心に触れないような記述にします。


 あらすじ
 関西バリスタ大会(架空の大会)に出場することになった、コーヒー店≪タレーラン≫で働くバリスタの切間美星。しかし大会期間中に出場者たちを次々と異物混入事件が襲う。互いを犯人と疑い、疑心暗鬼に陥っていく。
 美星は混入事件を止めるべく、ともに会場入りしていたアオヤマとともに犯人を突き止めるべく奔走することに。
 第二、第三の混入事件が起こる中、次第に明らかになっていく過去大会でのとある事件。過去と現在が結び付き明らかになる事件の真相とは。


 以下感想です。
 先に書きましたが、今作は全二作とは違い長編作品になっています。個人的には前作までのような短編集の形式の方が良かったのではないかと思いました。それでもバリスタ大会期間中の事件ということで、大会の一日目、二日目と区切られていますが。

 全体的にもったいない気がします。
 本編冒頭にバリスタ大会会場の見取り図が掲載されていますが、トリックにはほとんど活用されません。建築物の構造を活かしたトリックを期待させながら、殆ど活用しないとは…。
 肝心のトリック自体も、ご都合主義的なものになっています。事件の計画性と悪質性を追求している割に、行き当たりばったり感が感じられてしまっています。そしてあとから明らかになる情報。 

 一方で、もはや恒例と言っていいコーヒーに関する知識・ウンチクは健在です。コーヒー知識が全くない管理人には真新しい知識ばかりで面白いです。ただ、バリスタ大会の裏側での事件という本書の設定のため、バリスタ大会の雰囲気が非常にギスギスした、悪印象を抱かせるものになっています。そのためか、より一層話に現実味がかけているような印象を受けました。

 まぁ何がいいたいかというと、本作ではミステリ小説というよりは「コーヒー小説」になっているように感じられたということです。「このミス」大賞関連作として出されているので、ミステリー部分にももう少し力が入っていたら面白かったのではないかなと思います。
 このシリーズの第一巻、珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)は、個人的にはお気に入りだったので残念でした。

 次回作は日常の謎を解いて行く形式の短編集を期待したいです。
 星での評価は☆3.5です。


珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/08/04)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る


珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)
(2013/04/25)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR