喜多喜久『創薬探偵から祝福を』他感想

 少し、間が空きましたが、今回の分の紹介です。

・喜多喜久     『創薬探偵から祝福を』        ☆3.5
・羽田圭介     『メタモルフォシス』           ☆3
・ヴァーリィ, J.   『汝、コンピューターの夢』       ☆3.5
・アン・レッキー  『反逆航路』                ☆3.5
・夢枕獏      『陰陽師 竜笛ノ巻』           ☆3.5
・――        『陰陽師 太極ノ巻』           ☆3.5

・乾石智子    『夜の写本師』
・――       『魔道士の月』
・化野燐      『葬神記』

・――       『鬼神曲』

感想
 『創薬探偵~』、久々の喜多さん作品。先日、「このミス」ドラマ版にも作品が出てましたね。
 『ラブケミストリー』以来の創薬分野でのミステリー作品、ですかね。ただし、こちらの作品はトーンが真面目です。ラブコメチックな要素は無し。新潮nexというレーベルからすれば、もう少し軽いタッチでもよかったのかもしれませんけどね。
 今回の犯人は、病気です。病気の治療薬を探す=創薬探偵の仕事、ということです。今年のノーベル賞の大村先生の業績も創薬ということですので、この機に読んでみては?
※ドラマの方はトリックが分かりやすすぎでしたね。あとオチが、いい話になっていたのもちょっと…。

 『メタモルフォシス』
 こちら芥川賞作家、羽田さんの作品。受賞作は読んでいません。食指が動かないのでw
 本作は、タイトルにあるようにメタモルフォシス=変態(動植物・昆虫が姿形を変えること)で、変態(HENTAI)に変態する/した人たちのお話。SMに興味がなくても楽しめる、かな(SMには興味はないですが、一応楽しめましたよ)? ただし、エロ・グロに耐性がない方にはお勧めできない作品ですね。

 『汝~』
 SF作品。短編集。作品自体はだいぶ古いものだそう。ただ時間の経過をあまり感じさせない、面白さがありました。古ぼけた感じはしなかった。
 この巻では「ピクニック・オン・ニアサイド」と「逆光の夏」が好きでした。二巻目が来年二月頃出る予定だそうなので、楽しみにしておきたいと思います。

 『反逆航路』
 高評価の作品(海外SF賞7冠)ということで、買ってみたもの。 設定の妙と、キャラクターが面白い作品でした。ただし、人称代名詞の問題と、視点の切り替えが多用されているので、物語を追うのが大変ですが(;´・ω・)
 てか、結局仇討はやめたのかな? 事情が錯綜しすぎていて…(今と19年前と1000年前が同時に語られたり)。まぁ、どれが仇の側のアーナンダなのか見分けらんないと無意味ですしね。
 こちらも続巻が来年春ということで楽しみです。次巻もブレクの話なんだろうか?

 『陰陽師』
 こちらは順調にシリーズを消化中。『滝夜叉姫 上・下』まで購入しました。
 今回読んだ範囲には、「虫愛ずる姫」の話があって面白かったです(本家の方は『ナウシカ』の元ネタの一つ)。無為に飾り立てていないのがこのシリーズのいいところですよね。


 『夜の写本師』シリーズは、心惹かれたので購入しましたが未読です。
 「考古探偵シリーズ」『葬神記』、『鬼神曲』も未読です。
 他、池上永一『レキオス』も買ったものの、未読です。
 最近、週末は天候不順なので、ちょうどいいかなと思います。
スポンサーサイト

お知らせ

 マイショップへの商品追加ができないため、しばらく更新を休みます。 商品の紹介に際して、商品画像が見られる方がよいであろうと考えるためです。
 このトラブル(?)は私だけでしょうか?


 最近読んだ本を紹介だけはしておきます。

・『魔法科高校の劣等生 四葉継承編』(電撃文庫)
・『安達としまむら』(電撃文庫)
・『青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない』(電撃文庫)

以上がラノベ作品です。

・野島伸司   『スヌスムムリクの恋人』
・紫村友    『校庭には誰もいない』
・五十嵐貴久 『2005年のロケットボーイズ』

長谷敏司   『Beatless』

こちらは一般書籍です。
 
 まだ感想を上げていないところでは、三津田さん作品を『生霊の如き重るもの』以外の「刀城言耶シリーズ」を読み終えました。
 ほかにも夏目漱石を読み直したりしてました。


 ひとまずはこんなところです。
 個別の感想は、問題が解消し次第、もしくは気分しだいで上げようかと思います。
 画像がなくてもいいから感想を書いてほしいという方がいましたら、その旨お伝えください。

東京喰種―トーキョーグール―:re 2 (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種―トーキョーグール―:re 2 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種―トーキョーグール―:re 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/03/19)
石田 スイ

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 『半喰種』として任務に当たるメンターの佐々木琲世(ささき・はいせ)に対し、班員の瓜江(うりえ)、不知(しらず)、六月(むつき)、米林(よねばやし)らは、それぞれ複雑な思いを抱く。
 現在、より一層の戦力の拡大をする喰種集団『アオギリの樹』の動向を探りつつ、次なるターゲット・ナッツクラッカーの捜査を開始する。
 ある日、ふと引き寄せられた喫茶店で琲世は「懐かしい香り」と出会う。そこには、自身のひも解く鍵があるのだろうか?

感想
 トーカちゃんが表紙ですね。
 いいなぁ、かわいいな。 妖艶さが増してますね。
 ストーリーには今後どうかかわってくるんでしょうか。 何やら怪しい動きをしてたりもしますが…。


 さて、本編ですが、ナッツクラッカー捜査の続きからの収録となっています。喫茶店『re;』を訪問したところからです。
 収録分は、先々週ぐらい(?)に『ヤングジャンプ』に掲載した話までです。「彼」の再登場シーンまで収録されていました。
 一巻の時も思いましたが、わりと目一杯まで収録するようにしているんですね。


 ナッツクラッカー編といえば、メンバーの女装シーンがありますが、改めて見て思った、「ヒデーな」と(笑)
 発想がヒドイw
 でも、意外と見れるのが驚き。 トオルはまぁいいとして、琲世……女装似合い過ぎ。

 
 徐々にではありますが、二期の作品世界が明らかになって来ていますね。 来週以降、本編はどうなるのか。 
 てか、「彼」はどうなってるんですかね? クローンみたいなもの? なんだか「量産化フクロウ」みたいですが。 半グールかな。

 そして気になる亜門さん。 もしや彼も? 
 どうやら二期は、一期と立ち位置を逆転することがテーマな気がしますので、登場するとしたらグール側で登場するんでしょうね。 琲世(カネキ)が捜査官になってるし…。 捜査官はグールになってるし。

 今後とも目が離せませんね!

訂正とお詫び

 前回仁木の『僕僕先生』の記事の中で仙人の種類について書きましたが、一か所漢字を間違えていたので訂正します。

 × 尸介仙
 ○ 尸解仙

 下に書きました「尸解仙」という記述の方が正しいものです。
 失礼しました。
 6/2の当該記事も修正しておきます。

6/3 管理人

紹介…

ブログを始めた理由を書こうと思います。

と言っても、大層な理由ではありません。
何か新しいことをしようと思ったことと、どうせならこれまで某SNSで書いていたことをブログ
で書いてみようと思ったからです。

某SNSでは、折に触れてその時読んでいた本の感想を書いて投稿していたので、
ブログでも本の感想をメインにして書いていきたいと思います。

本のジャンルは、特に決めていません。
ただ管理人はノンフィクションや啓発書の類は読みませんので、それらの感想は書けません。
それ以外はわりと幅広く読むので、一般小説・新書からライトノベルや漫画までになるかと思います。


こんな感じでボチボチやっていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

ちなみに最近読んだ本は、綾辻行人『霧越邸殺人事件〈完全改定版〉上・下』角川文庫です。
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR